清代文学評論史

青木正児 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 第一章 淸初の反擬古運動 / 1p
  • 一 錢謙益(牧齋) / 3p
  • 二 馮班(定遠) / 18p
  • 三 吳喬(修齡)と賀裳(黃公) / 25p
  • 第二章 淸初尊唐派の詩說 / 40p
  • 一 施閏章(愚山) / 40p
  • 二 王夫之(船山) / 44p
  • 三 金人瑞(聖嘆)・徐增(而菴)の分解說 / 53p
  • 四 古詩換韻法に關する諸說 / 58p
  • 第三章 神韻說の提倡と宋元詩の流行 / 64p
  • 一 王士禎(漁洋)の神韻說 / 64p
  • 二 王漁洋と宋元詩 / 74p
  • 三 宋元詩の流行 / 78p
  • 四 王漁洋及び趙執信(秋谷)の聲調說 / 84p
  • 第四章 淸初唐宋八家文の流行 / 93p
  • 一 侯方域・方以智・魏禧・汪琬 / 93p
  • 二 朱彝尊・姜宸英・邵長蘅 / 109p
  • 第五章 詩壇の自成一家的思想の擡頭 / 118p
  • 一 葉燮(横山) / 118p
  • 二 査愼行(初白)・厲鶚(樊榭)・薛雪・呉雷發 / 126p
  • 第六章 格調・性靈兩詩說の對立 / 137p
  • 一 沈德潛(歸愚)の格調說 / 138p
  • 二 袁枚(隨園)の性靈說 / 152p
  • 三 李重華・黃子雲 / 168p
  • 四 蔣士銓(淸容)と趙翼(甌北) / 178p
  • 第七章 神韻・格調・性靈三詩說の餘波 / 189p
  • 一 翁方綱(覃谿)の肌理說 / 189p
  • 二 洪亮吉(北江) / 198p
  • 三 方東樹(植之) / 206p
  • 第八章 中期以後桐城派其他の文說 / 214p
  • 一 方苞・劉大櫆・姚鼐(桐城派) / 214p
  • 二 惲敬(陽湖派)・阮元(駢文派) / 229p
  • 三 包世臣・曾國藩(折衷派) / 240p
  • 第九章 塡詞評論 / 255p
  • 一 淸初の諸家 / 258p
  • 二 浙西派 / 264p
  • 二 常州派 / 277p
  • 第十章 戲曲評論 / 292p
  • 一 金聖嘆・毛聲山・李笠翁 / 293p
  • 二 李調元・焦循・梁廷枏・楊恩壽 / 313p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 清代文学評論史
著作者等 青木 正児
書名ヨミ シンダイ ブンガク ヒョウロンシ
出版元 岩波書店
刊行年月 1950
ページ数 326p
大きさ 22cm
NCID BN07453687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49013989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想