ドイツ詩評釈  第1 (月と日と星 提灯ともし)

万足卓 訳著

[目次]

  • 目次
  • 第一部
  • 風 / 11
  • 月と日と星 / 11
  • 提灯 / 11
  • メーメー子山羊 / 13
  • でんでん虫々 / 15
  • 聖歌(クラウディウス) / 15
  • すみれ(シュトㇽム) / 17
  • 乳のみ坊や(ケラー) / 17
  • おリンゴ(ペスタロッチ) / 19
  • ABCのお医者さん(ハイデマーク) / 21
  • 眠れよ,よい子 / 23
  • 月に歌う子守歌(クラウディウス) / 25
  • 子を寝かす母(クラウディウス) / 29
  • お休み(ケョㇽナー) / 31
  • 木登り小僧(ギル) / 33
  • 数え歌 / 34
  • 三人兄弟(ブッセ) / 37
  • 鵞鳥の中のコビト(リュカート) / 39
  • 小人国 / 44
  • 大人国(フラウングルーバー) / 45
  • どこへでも連れてってもらいたい坊やの歌(リュカート) / 47
  • ヤコブはどこに(アㇽント) / 51
  • 春の歌(ヘルティ) / 55
  • 朝の歌(シラー) / 57
  • 青いみ空に光る星(ハイ) / 57
  • 歩く鐘(ゲーテ) / 59
  • 子供の説教 / 63
  • 三人の王様(ハイネ) / 65
  • 家(ゲーテ) / 65
  • 馬鹿なハンスちゃんの話(レーウェンシュタイン) / 66
  • 真夜中に(リルケ) / 69
  • 蛙の王様 / 69
  • 僕の故郷のドイツには(ハイネ) / 71
  • 蛙(ゲーテ) / 73
  • 帰らぬ子の歌(リュカート) / 75
  • 一歩(ゲス) / 75
  • 子に語る母(ゲス) / 77
  • モミジ(ザイデル) / 79
  • ときどき(ヘッセ) / 81
  • 第二部
  • 野ばら(ゲーテ) / 85
  • 魔王(ゲーテ) / 87
  • 妖精の歌(ゲーテ) / 91
  • 宝堀り(ゲーテ) / 91
  • 星のごとく(ゲーテ) / 95
  • 目が太陽の(ゲーテ) / 97
  • 財を失う(ゲーテ) / 97
  • あなた御存じ(ゲーテ) / 99
  • 憧れを知る人だけが(ゲーテ) / 101
  • 宿屋(ウーラント) / 101
  • ねえ,あの頃はお互いに(ハイネ) / 105
  • 春五月(ハイネ) / 107
  • ローレライ(ハイネ) / 109
  • 王女さまの夢を見た(ハイネ) / 111
  • ふたりの近衛兵(ハイネ) / 113
  • 漁師の苫屋の軒下で(ハイネ) / 117
  • 赤い靴(ハイネ) / 121
  • 忠犬(ハイネ) / 125
  • 山小屋で(ハイネ) / 131
  • ブロッケン峠で(ハイネ) / 135
  • むかし王子と王女がいた / 137
  • 姉いもうと(ブッシュ) / 144
  • なくなくみな泣く / 147
  • 樅の木 / 149
  • 春の日(マイヤー) / 149
  • 海の歌(マイヤー) / 151
  • 出逢ひ(マイヤー) / 153
  • 歌の環(リルケ) / 155
  • 乙女たち(リルケ) / 157
  • 乙女の歌(ホーフマンスタール) / 157
  • 流れ(フィシャー) / 159
  • 落ち葉(リルケ) / 161
  • 眠られず(シュトㇽム) / 161
  • 夏の庭(ザイデル) / 163
  • 凾琴弾きの歌(ミュラー) / 163
  • わが家は(リルケ) / 167
  • 思ひ出(アイヒェンドㇽフ) / 167
  • ふるさと(アイヒェンドㇽフ) / 169
  • 時効の旅(ゲオㇽゲ) / 171
  • 評注 / 174

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ詩評釈
著作者等 万足 卓
書名ヨミ ドイツシ ヒョウシャク
書名別名 Doitsushi hyoshaku
巻冊次 第1 (月と日と星 提灯ともし)
出版元 郁文堂
刊行年月 1960
ページ数 239p
大きさ 19cm
全国書誌番号
58012688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想