白鯨  下

メルヴィル 作 ; 阿部知二 訳

「モービィ・ディックだ!」-エイハブ船長の高揚した叫び声がとどろきわたった。執拗に追い続けてきたあの白い巨大な鯨が、ついに姿を現わしたのだ。恐るべき海獣との壮絶な「死闘劇」がいよいよ始まる。アメリカ文学が誇る叙事詩的巨編、堂々の完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 九十章 頭と尾・何が何やら / 9
  • 九十一章 ピークォド号が薔薇蕾号に遭う / 14
  • 九十二章 竜涎香 / 24
  • 九十三章 海に漂うもの / 28
  • 九十四章 手絞り / 35
  • 九十五章 法衣 / 40
  • 九十六章 油煮釜 / 42
  • 九十七章 灯火 / 49
  • 九十八章 積込みと片づけ / 50
  • 九十九章 スペイン金貨 / 54
  • 百章 脚と腕。ナンタケットのピークォド号、ロンドンのサミュエル・エンダービ号と遭う / 64
  • 百一章 酒の壜 / 75
  • 百二章 アーササイディーズの島の木蔭 / 83
  • 百三章 鯨骨の測量 / 89
  • 百四章 化石鯨 / 93
  • 百五章 鯨は縮小しつつあるか-彼は滅びるか / 98
  • 百六章 エイハブの脚 / 105
  • 百七章 船大工 / 109
  • 百八章 エイハブと船大工 / 113
  • 百九章 船長室におけるエイハブとスターバック / 120
  • 百十章 棺の中のクィークェグ / 125
  • 百十一章 太平洋 / 134
  • 百十二章 鍛工 / 136
  • 百十三章 炉 / 140
  • 百十四章 鍍金師 / 145
  • 百十五章 ピークォド号は若衆号に遭う / 148
  • 百十六章 死にゆく鯨 / 152
  • 百十七章 夜直 / 155
  • 百十八章 四分儀 / 158
  • 百十九章 蠟燭 / 162
  • 百二十章 初夜直が終る頃の甲板 / 172
  • 百二十一章 深夜-船首楼、舷牆 / 173
  • 百二十二章 深夜、檣上。-雷鳴と稲妻 / 176
  • 百二十三章 マスケット銃 / 177
  • 百二十四章 羅針 / 183
  • 百二十五章 測程器と線 / 188
  • 百二十六章 救命浮標 / 193
  • 百二十七章 甲板 / 199
  • 百二十八章 ピークォド号、レイチェル号に遭う / 203
  • 百二十九章 船室 / 210
  • 百三十章 帽子 / 214
  • 百三十一章 ピークォド号、歓喜号と遭う / 221
  • 百三十二章 交響曲 / 223
  • 百三十三章 追跡-第一日 / 229
  • 百三十四章 追跡-第二日 / 243
  • 百三十五章 追跡-第三日 / 256
  • 結尾 / 274
  • 訳註 / 277
  • ハーマン・メルヴィル年譜 / 286

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 白鯨
著作者等 Melville, Herman
八木 敏雄
阿部 知二
Melville
メルヴィル
書名ヨミ ハクゲイ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1957
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4003230833
NCID BA68281506
BN0093843X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想