検察証拠論 : 絶対否認事件と間接証拠

幸節静彦 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 檢察證據論 / 3
  • 第一章 序論 / 3
  • 第二章 證據の本質 / 12
  • 第一節 證據能力と證明力 / 12
  • 第二節 直接證據と間接證據 / 16
  • 第三節 自白 / 34
  • 第四節 證言 / 47
  • 第三章 採證の原則 / 61
  • 第一節 心證の客觀化 / 61
  • 第二節 觀察の正確 / 66
  • 第三節 事件の個性 / 75
  • 第四節 證據の蒐集と保全 / 85
  • 第二 絶對否認事件と間接證據(五例)-窃盜非現行犯事件- / 91
  • 第一例 / 91
  • 第二例 / 121
  • 第三例 / 137
  • 第四例 / 154
  • 第五例 / 179

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 検察証拠論 : 絶対否認事件と間接証拠
著作者等 幸節 静彦
書名ヨミ ケンサツ ショウコ ロン : ゼッタイ ヒニン ジケン ト カンセツ ショウコ
出版元 協和図書
刊行年月 1948
ページ数 187p
大きさ 19cm
NCID BA63516307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51010193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想