経済学説史

リヤシチエンコ 著 ; 平館利雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序 / 1
  • 著者序 / 1
  • 緖論 / 1
  • 第一部 ブルジヨア經濟學者 / 11
  • 第一章 重商主義(マーカンティリズム) / 13
  • 第二章 重農主義(フィジオクラシー) / 32
  • 第三章 古典學派-アダム・スミス / 55
  • 第四章 古典學派(續き)エル・マルサスとデ・リカード / 96
  • 第一節 トマス・ロバート・マルサス / 99
  • 第二節 デヴィッド・リカード / 111
  • 第五章 諸國に於ける古典學派の繼承者 / 139
  • 第二節 ジャン・バティスト・セイ / 142
  • 第二節 ハインリヒ・フォン・テューネン / 148
  • 第三節 ヘンリー・チャールス・ケリー / 153
  • 第四節 クロード・フレデリック・バスティア / 157
  • 第六章 古典學派の批評者と反對者 / 169
  • 第一節 ジョン・ステュアート・ミル / 172
  • 第二節 レオナール・シモン・ドウ・シスモンデイ / 180
  • 第七章 歷史學派 / 196
  • 第八章 抽象的經濟學の發生-心理學派と數理學派 / 221
  • 第一節 心理學派 / 229
  • 第二節 數理學派 / 233
  • 第二部 社會主義 / 243
  • 第一章 社會主義の一般的槪念と諸體制 / 245
  • 第二章 十六-十七世紀の空想的社會主義 / 263
  • 第三章 革命時代の社會主義と大空想主義者 / 278
  • 第一節 クロード・アンリー・サン・シモン / 284
  • 第二節 フランソア・マリー・シァルル・フーリエ / 300
  • 第三節 ロバート・オーウェン / 310
  • 第四章 勞働者運動の開始と十九世紀前半の社會主義 / 323
  • 第一節 ニチエンヌ・カベー / 329
  • 第二節 ルイ・ブラン / 338
  • 第三節 ウィルヘルム・ワイトリング / 343
  • 第五章 プルードンと無政府主義 / 346
  • ピエール・ジョセフ・プルードン / 352
  • 第六章 科學的社會主義と國家社會主義-ロードベルトスとラッサール / 361
  • 第一節 ヨハンのカール・ロードベルトス・フォン・ヤゲッツオウ / 371
  • 第二節 フェルディナンド・ラッサール / 390
  • 第七章 カール・マルクスとマルクス主義 / 396
  • 第八章 マルクス學派と修正主義 / 483
  • 附錄
  • 對照歷史年表 / 518
  • 件名索引 / 526
  • 人名索引 / 537

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学説史
著作者等 Liashchenko, Petr Ivanovich
Li︠a︡shchenko, Petr I.
平館 利雄
リヤシチエンコ
書名ヨミ ケイザイ ガクセツシ
書名別名 Keizai gakusetsushi
出版元 叢文閣
刊行年月 昭和9
ページ数 543p
大きさ 23cm
NCID BN13352877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想