慶応義塾大学講座経済学  第33

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序言 / 1
  • 第一章 一九三五年までの通貨制度 / 5
  • 第一節 總說 / 5
  • 第二節 貨幣史略 / 8
  • 第三節 銅錢 / 17
  • 第四節 銅元 / 19
  • 第五節 銀元 / 24
  • 第一項 外國銀元 / 26
  • 第二項 支那銀元 / 32
  • 第六節 銀角 / 39
  • 第七節 銀兩 / 48
  • 第一項 銀兩の「平」と「色」 / 56
  • 第二項 地方兩 / 61
  • 第二章 紙幣 / 65
  • 第一節 總說 / 65
  • 第二節 支那銀行の兌換劵 / 68
  • 第一項 中央銀行の銀行劵 / 70
  • 第二項 特殊銀行の銀行劵 附、平市官錢局の紙幣 / 78
  • 第三項 地方政府銀行の紙幣 / 81
  • 第四項 市中銀行の銀行劵 附、領用並に聯合準備の制度及び錢業者の紙幣 / 85
  • 第三節 外國銀行の銀行劵 / 91
  • 第四節 紙幣の劃地的流通 附、最近の分布狀況 / 94
  • 第五節 紙幣に關する立法の變遷 附、兌換準備 / 101
  • 第三章 一九三〇年並に三三年に於ける重要なる二つの改革 / 109
  • 第一節 海關金單位制度の樹立 / 109
  • 第一項 海關金單位の内容 / 111
  • 第二項 海關金單位の銀通貨との比價 / 114
  • 第三項 關金手形・海關戾稅小切手及び關金兌換劵 / 116
  • 第四項 關金單位と標金取引決濟の基準 / 120
  • 第二節 廢兩改元の實施 / 124
  • 第一項 廢兩改元の必然性 / 124
  • 第二項 廢兩改元と洋釐 / 128
  • 第三項 廢兩改元の實行 / 135
  • 第四項 廢兩改元直後の狀況 / 138
  • 第四章 一九三五年幣制改革(管理通貨制度) / 143
  • 第一節 總說 / 143
  • 第二節 世界經濟と支那經濟との關係 / 144
  • 第三節 米國政府の銀政策 / 151
  • 第四節 一九三二-三五年に於ける支那經濟の危機 / 160
  • 第五節 一九三四-三五年に於ける上海の金融恐慌 / 167
  • 第六節 幣制改革の前奏曲 / 172
  • I 銀輸出稅引上並に平衡稅の新設
  • II 銀移動の制限
  • III 發行銀行の統制
  • IV 財政部長インフレーション聲明)
  • 第七節 一九三五年の管理通貨制度 / 180
  • 第一項 新幣制の誕生 / 180
  • 第二項 新幣制の運用 / 183
  • 第一目 銀國有の實施 / 184
  • 第二目 法幣による貨幣の統一 / 186
  • 第三目 銀行劵發行の統一及び發行準備の集中 / 189
  • 第四目 爲替相場安定による貨幣價値の安定 / 193
  • 第八節 米支銀協定の成立と幣制の一部改修 / 197
  • 第九節 支那事變直前の支那經濟一般の狀況 / 200
  • 第一〇節 支那事變と幣制の運用 / 205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 慶応義塾大学講座経済学
著作者等 及川 恒忠
書名ヨミ ケイオウ ギジュク ダイガク コウザ ケイザイガク
書名別名 支那の幣制

Keio gijuku daigaku koza keizaigaku
巻冊次 第33
出版元 慶応出版社
刊行年月 昭和19
ページ数 224p
大きさ 21cm
全国書誌番号
46038448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
支那の幣制 及川 恒忠
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想