短歌に入る道

窪田空穂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 歌といふものゝ槪念とその精神 / 7
  • 二 歌の傳統とその四期の變遷 / 11
  • 三 歌の形式 / 18
  • イ 歌語 / 18
  • ロ 調 / 21
  • ハ 語と調べとの關係 / 24
  • ニ 萬葉調 / 27
  • ホ 古今調 / 33
  • ヘ 現今の調べ / 38
  • ト 口語歌 / 40
  • 四 歌の内容 / 43
  • イ 歌を詠む心境 / 43
  • ロ 歌淸閑の所產であるか / 49
  • ハ 多忙だと歌が出來ないのは / 53
  • ニ 自然と歌について / 57
  • ホ 相聞の歌について / 62
  • ヘ 生活の歌について / 65
  • 五 表現上の技巧 / 67
  • イ 技巧とは何ぞ / 67
  • ロ 柿本人麿について / 71
  • ハ 多讀と多作について / 76
  • ニ 短歌會について / 81
  • ホ 課題と歌について / 83
  • ヘ 旅の歌について / 86
  • ト 添削について / 88
  • チ 上手下手といふこと / 92
  • 短歌随筆 / 95
  • 我が國民と短歌及び俳句 / 95
  • 短詩形のよしあし / 98
  • 額田王の長歌一首 / 102
  • 藤原定家について / 107
  • 表現は自然を法とせよ / 111
  • 自歌自釋 / 114
  • 一 故鄕を詠んだもの / 115
  • 二 家族を詠んだもの / 126

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 短歌に入る道
著作者等 窪田 空穂
書名ヨミ タンカ ニ ハイル ミチ
シリーズ名 新潮文庫 ; 第202編
出版元 新潮社
刊行年月 昭11
ページ数 136p
大きさ 18cm
NCID BA8773160X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46059110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想