労働者のための労働法

奈良正路 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 一 勞働法の硏究方法について / 3
  • 二 勞働者と法律 / 7
  • 一 勞働者の團結權 / 7
  • 二 勞働者のストライキ權 / 24
  • 三 勞働日-工場法を中心として- / 34
  • (1) 工場法の範適用圍 / 40
  • (2) 職工の就業時間について / 43
  • (3) 休憇と休日 / 44
  • (4) 婦人に對する就業時間 / 45
  • (5) 扶助規定に就いて / 47
  • (6) 遺族扶助料 / 51
  • (7) 葬祭料 / 52
  • (8) 職工の解雇手當 / 52
  • (9) 就業規則について / 55
  • (10) 工場監督官制度 / 59
  • (11) 最低年齡法 / 63
  • 四 勞働保險法 / 66
  • (1) 健康保險法 / 68
  • 1 保險法と工場法扶助規則定との關係 / 69
  • 2 保險給付の内容 / 70
  • 3 保險者 / 73
  • 4 被保險者 / 76
  • (2) 鑛夫勞役扶助規則 / 79
  • 1 鑛夫勞役扶助規則と前三者との關係 / 79
  • 2 鑛山勞働者の悲慘な生活狀態 / 80
  • 3 鑛夫勞役扶助規則と工場法 / 85
  • (3) 鑛夫扶助規則の改正は、いかなることを意味するか / 89
  • (4) 傭人扶助令 / 94
  • 五 寄宿舍制度 / 97
  • 六 勞働者募集取締令 / 110
  • (1) 勞働者保護と勞働者募集取締令との關係 / 110
  • (2) 勞働者の募集狀況 / 111
  • (3) 勞働者募集の弊害 / 112
  • (4) 募集取締令の範圍 / 114
  • (5) 募集主の義務 / 114
  • (6) 雇主の保護義務 / 116
  • 七 職業紹介法 / 118
  • 八 海上勞働者保護法 / 126
  • (1) 上長に對する尊敬又は從順の道 / 130
  • (2) 海員の職務怠慢 / 131
  • (3) 海員の職務執行妨害 / 131
  • (4) 海員の喧爭 / 132
  • (5) 無斷脫出及歸船遲延 / 133
  • (6) 許可をうけざる點火又は焚火 / 134
  • (7) 許可をうけざる短艇使用 / 134
  • (8) 食料・飮料の濫費 / 134
  • (9) 許可を得ざる酒類の所持と吸煙 / 136
  • (10) 海員の泥醉 / 137
  • (11) 船中の秩序違反 / 137
  • 九 結語 / 166
  • 三 附錄
  • 一 勞働組合法案 / 1
  • 二 社會民衆黨の勞働組合法案批判 / 12

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働者のための労働法
著作者等 奈良 正路
書名ヨミ ロウドウシャ ノ タメノ ロウドウホウ
出版元 新興科学社
刊行年月 昭和4
ページ数 169, 23p
大きさ 19cm
NCID BN05721173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47027320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想