経済学方法論

高田保馬 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒言 / 1
  • 第一章 理論的社会科学の性質 / 6
  • 一、 理論社会科学の非手段性 / 6
  • 二、 社会科学と追驗 / 11
  • 三、 理論的社会科学 / 17
  • 四、 社会の各方面 / 21
  • 五、 理想型と本質型 / 27
  • 第二章 若干の補論 / 38
  • 六、 経済理論の所属 / 38
  • 第三章 理論経済学の性質 / 54
  • 七、 経済の本質と本質型 / 54
  • 八、 動学と靜学 / 60
  • 九、 経済理論と経済史との関係 / 66
  • 一〇、 経済原則について / 75
  • 第四章 若干の補論 / 83
  • 一一、 ゾムバルトの所見について / 83
  • 一二、 靜態動態について / 94
  • 一三、 経済理論に於ける時間 / 104
  • 一四、 シュトレラアの見解について / 110
  • 一五、 カレルの見解について / 126
  • 第五章 経済理論と経済政策学 / 136
  • 一六、 経済政策学の性質 / 136
  • 一七、 政策学に於ける三の態度 / 143
  • 一八、 経営学について / 147
  • 一九、 経済政策学一般について、特に厚生経済学について / 151

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学方法論
著作者等 高田 保馬
書名ヨミ ケイザイガク ホウホウ ロン
出版元 小石川書房
刊行年月 1949
ページ数 158p
大きさ 19cm
NCID BN08143517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48001137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想