日本演劇史  第1巻

高野辰之 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序説
  • 一 原始劇 土俗學の説明 / 2
  • 二 わが原始劇 / 5
  • 三 邦劇の種類 / 8
  • 四 邦劇展開の略述 / 10
  • イ 脚本(戯曲) / 11
  • ロ 俳優 / 11
  • ハ 作者と役者 / 12
  • ニ 劇場 / 14
  • ホ 觀衆 / 17
  • ヘ 歌舞伎劇の常道 / 21
  • 五 説明の順序 / 23
  • 第一編 歌舞伎前史 其一 / 27
  • 第一章 伎樂劇 / 27
  • 一 概説 / 27
  • 二 種類及び演戯 / 31
  • 三 假面 / 35
  • イ 伎樂用の假面(附。假面の起原) / 35
  • ロ 伎樂面の用材及び大きさ / 36
  • ハ 古假面の作者及び工手間 / 40
  • 第二章 舞樂劇 / 45
  • 一 概説 / 45
  • 二 由緒ある舞樂 / 47
  • 三 舞樂面 / 62
  • 四 舞臺 / 70
  • 第三章 猿樂劇 / 75
  • 一 猿樂の意義 / 75
  • 二 文献上の初見 / 76
  • 三 新猿樂記 / 80
  • 第四章 延年舞曲劇 / 101
  • 一 序説 / 101
  • 二 延年舞曲劇 / 104
  • イ 歌謠の伴ふ舞伎 / 112
  • ロ 特に劇に當るもの / 122
  • 三 延年舞曲の詩材 / 155
  • 四 曲目對照 / 160
  • 第五章 田樂劇 / 163
  • 一 概説 / 163
  • イ 名義及び起源 / 163
  • ロ 種類及び盛時 / 166
  • 二 貞和の田樂能 / 169
  • 三 文和の田樂能 / 181
  • 四 四匹の鬼 / 189
  • 五 藝風 / 190
  • 六 文安の田樂能 / 195
  • 七 春日祭の田樂能 / 206
  • 八 結語 / 210
  • 第二編 歌舞伎前史 其二 / 213
  • 第六章 能樂劇 / 213
  • 一 概説 / 213
  • 二 能樂劇の先行藝 / 221
  • イ 平曲 / 222
  • ロ 曲舞 / 231
  • 三 根元曲翁 / 248
  • 四 能樂劇の流派 / 268
  • イ 大和四座 / 275
  • ロ 近江三座 / 294
  • ハ 伊勢猿樂 / 298
  • ニ 宇治猿樂 / 301
  • 五 能樂劇の三要素 / 304
  • 甲 脚本(謠曲) / 305
  • イ 謠曲の作者 / 306
  • ロ 謠曲の詩材 / 315
  • 1 脇能 / 319
  • 2 曾我物 / 334
  • 3 女體 鬘物 / 349
  • 4 遊狂 鬼能等 / 371
  • ハ 謠曲の構造及び叙述法 / 388
  • 乙 演出者 / 406
  • 丙 演出法 / 413
  • 六 假面 / 430
  • イ 能樂大成期の假面 / 430
  • ロ 假面の製作年代 / 433
  • 七 面の種類及び用途 / 441
  • 1 尉 / 443
  • 2 男面 / 444
  • 3 女面 / 446
  • 4 神佛 / 447
  • 5 鬼畜 / 448
  • 八 服飾 / 449
  • 九 小道具及び作り物 / 454
  • 第七章 狂言 / 458
  • 一 概説 / 458
  • イ 狂言の意義 / 458
  • ロ 開口猿樂と狂言 / 459
  • ハ 間狂言と獨立狂言 / 464
  • ニ 狂言の作者 / 466
  • ホ 狂言の流派 / 469
  • ヘ 番組及び類別 / 478
  • ト 狂言役者の稱呼 / 483
  • 二 狂言の詞材 / 484
  • イ 序言 / 484
  • ロ 脇狂言 / 489
  • ハ 大名狂言 / 491
  • ニ 小名狂言 / 517
  • ホ 聟女狂言 / 519
  • 1 離別物 / 523
  • 2 顛倒物 / 524
  • 3 醜婦物 / 525
  • ヘ 鬼山伏狂言 / 528
  • 1 鬼狂言 / 529
  • 2 山伏狂言 / 535
  • ト 出家座頭狂言 / 538
  • 1 出家狂言 / 538
  • 2 座頭狂言 / 545
  • チ 雜狂言 / 549
  • 1 盜人物 / 550
  • 2 癈人物 / 552
  • 3 精靈化性物 / 553
  • 4 系圖物 / 555
  • 5 顛倒物 / 557
  • 6 舞謠ひ物 / 559
  • リ 風流 / 561
  • 三 狂言の構造 / 570
  • イ 語り物 / 570
  • ロ 「語り」に首尾を附したもの / 572
  • ハ 一般構造 / 574
  • 四 演出上の用意 / 583
  • イ 面 / 584
  • ロ 裳束 / 589
  • ハ 作り物 / 597
  • 五 狂言劇に於ける笑構成の原理 / 601
  • イ 形身振及び運動の可笑味 / 604
  • ロ 場面の可笑味 / 605
  • ハ 言葉の可笑味 / 610
  • ニ 性格による可笑味 / 614
  • 六 能狂言の劇場 / 615
  • イ 勸進能の劇場 / 615
  • ロ 慶長四年聚樂勸進能 / 621
  • ハ 元祿十五年京七本松の勸進能 / 624
  • ニ 寛延三年觀世太夫一世一代勸進能 / 627
  • ホ 弘化五年の勸進能 / 630
  • ヘ 能舞臺の構造 / 633
  • 1 舞臺の大きさ及び屋根 / 633
  • 2 橋がかり / 640
  • 3 舞臺の松 / 643
  • 4 音響裝置 / 648
  • 七 結語 / 651

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本演劇史
著作者等 高野 辰之
書名ヨミ ニホン エンゲキシ
巻冊次 第1巻
出版元 東京堂
刊行年月 昭和22-23
版表示 再版
ページ数 2冊
大きさ 21cm
NCID BA64026096
BN02229697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46023557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想