深見草 : 歌集

岡本かの子 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 紀の國の繭 / 3
  • 薄氷 / 5
  • 去れる老婢 / 8
  • 紀の國の繭 / 15
  • 仔犬の死 / 20
  • 小さき盲女 / 28
  • こがらし / 33
  • 春愁 / 39
  • こころ堪へつつ / 45
  • こころの果てに / 47
  • こころむなしく / 51
  • こころ堪へつつ / 54
  • 花體開顯 / 58
  • 天地即佛神 / 62
  • 夏花華鬘集 / 66
  • 竹榻凉扇 / 71
  • 夏末秋頭歌 / 75
  • 寂心 / 79
  • 玲炎 / 81
  • 初夏の花 / 83
  • 曇天のけし / 89
  • 恐怖と紅薔薇 / 92
  • とかげ / 94
  • 玲炎 / 106
  • ぴあの / 110
  • 大震 / 113
  • だりあ / 131
  • 感傷篇 / 133
  • 中耳炎嘆吟 / 147
  • 旅途より籠居 / 151
  • 新居雜感 / 160
  • 穢心淨土 / 169
  • 曼珠沙華 / 171
  • 夜半、あした / 174
  • わが里の雪、櫻 / 178
  • 春日抄 / 182
  • 今年の花 / 186
  • 都市に、山麓に / 190
  • 海に添ふ國 / 194
  • 舊居に別れんとして / 198
  • 遊船行 / 200
  • 夏長けて / 204
  • 濁清共流 / 207
  • 黒白相隣 / 210
  • 穢心淨土 / 214
  • 獨居吟 / 217
  • 初秋行旅 / 219
  • するが野 / 223
  • 明治神宮の煙火 / 226
  • 街路樹 / 229
  • このごろ / 231
  • 春近づく / 236
  • 山に獲りし小鳥を噛みつつ / 239
  • ひとを待つ / 241
  • 熱海紀行歌 / 242
  • 病む / 260
  • 木の芽のにほひ / 269
  • をとめのこころにてよめる / 275
  • 梅雨のころ / 279
  • 關西の夏期の旅 / 283
  • 丸の内の風景 / 297
  • 帝國議會 / 300
  • 高輪九首 / 302
  • 淺草六區 / 306
  • 佃島月島 / 309
  • 芝公園 / 312
  • 銃後の詠 / 319
  • 外國の歌 / 321
  • わが生活の歌 / 331
  • 銃後の詠 / 349
  • 跋 / 375

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 深見草 : 歌集
著作者等 岡本 かの子
書名ヨミ フカミグサ
出版元 改造社
刊行年月 1940
ページ数 378p
大きさ 20cm
NCID BA42528498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21379918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想