大塔宮護良親王

蒲原拓三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まへがき・著者
  • 王政復古の主動者 / 7
  • 親王の御生誕と御兄弟の宮 / 8
  • 御入山と 後醍醐帝の御深慮 / 10
  • 規王御搖籃の地 / 14
  • 大業に參畫せる人々 / 18
  • 笠置へ還幸 / 22
  • 比叡の御勇戰 / 27
  • 正成の擧兵 / 31
  • 笠置落ち / 34
  • 討幕失敗に終る / 39
  • 主上囚はれ給ふ / 40
  • 都へ還幸あらせらる / 44
  • 親王赤坂城へ入り給ふ / 46
  • 騷忙たる京師 / 51
  • 主上および宮々の配流 / 54
  • 與謀公卿の處分 / 60
  • 再擧の御畫策 / 63
  • 十津川の郷民 / 64
  • 令旨諸道に飛ぶ / 67
  • 機すでに發す / 71
  • 吉野の合戰 / 77
  • 親王高野山に 伏あらせらる / 80
  • 義旗諸道に飜る / 83
  • 主上隱岐を出で立ち給ふ / 84
  • 船上山に行宮を定めさせらる / 89
  • 赤松則村の蹶起 / 92
  • 菊地一族の擧兵 / 96
  • 武時の戰死と四國の義軍 / 101
  • 近畿の情勢 / 106
  • 北條氏つひに沒落す / 113
  • 足利高氏の西上 / 114
  • 高氏といふ男 / 120
  • 高氏綸旨を奉じて官軍に應ず / 124
  • 六波羅の命脈旦夕に迫る / 129
  • 秋風落漠 / 132
  • 兩六波羅の滅亡 / 135
  • 新田義貞の奮起 / 139
  • 權勢の殿街ここに全く亡ぶ / 143
  • 九州長門兩探題また覆滅す / 148
  • 暗雲再び立ち籠む / 153
  • 鳳輦都へ還幸 / 154
  • 親王の御入洛 / 159
  • 氷炭相容れざる二潮流 / 164
  • 高氏の野望 / 168
  • 政府要路の陣容 / 174
  • 過大な恩賞と高氏の威勢 / 178
  • 親王の御深謀 / 183
  • 關東および鎭西の情勢 / 187
  • 地方武士騷擾の由因 / 191
  • 中興の破綻 / 197
  • 朝改暮變の政事 / 198
  • 親王南禪寺へ詣でらる / 202
  • 殘存北條黨の殲滅 / 205
  • 新政の組織と武家の專横 / 208
  • 親王拘禁せられ給ふ / 212
  • 高氏誅伐の主謀者は? / 216
  • 親王鎌倉へ配流せられ給ふ / 218
  • 兇徒鎌倉へ侵入す / 222
  • 親王弑せられ給ふ / 225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大塔宮護良親王
著作者等 蒲原 拓三
書名ヨミ オオトウノミヤ モリナガ シンノウ
出版元 東亜文化書房
刊行年月 昭和19
ページ数 228p
大きさ 19cm
NCID BA38939069
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46004546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想