観音経を語る : 並法華経

岡本かの子 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇
  • 第一章 觀音の信仰 / 1
  • まへがき / 1
  • 一 美しい菩薩 / 1
  • 二 觀音の威神力の豊富さ / 3
  • 三 効果の速さ / 4
  • 四 現實の世界を中心に / 6
  • 五 ハツキリした保證 / 8
  • 六 家庭藥のやうな觀音經 / 11
  • 七 默つて親切に世話して貰ふ / 12
  • 八 一心唱名 / 16
  • 第二章 佛教の發達 / 21
  • 一 人生は矛盾だらけ / 21
  • 二 火災中に家屋 / 22
  • 三 佛教經典の二大別 / 23
  • 四 釋尊の思想は小乘的か / 25
  • 五 釋尊のインスピレーシヨン / 26
  • 六 民族精神の加擔 / 26
  • 七 偶像破却 / 27
  • 八 アバローキテーシユヴラ / 28
  • 九 大乘佛教に於ける信仰の客體 / 29
  • 一〇 表象の印號無き存在 / 30
  • 一一 智情意によつて大乘佛教を分類すれば / 32
  • 中篇
  • 第一章 觀音宗 / 35
  • 第二章 法華經概觀 / 39
  • 雄大圓熟の藝術 / 39
  • 第三章 天台學から法華經思想を / 43
  • 一 天台學とは / 43
  • 二 智者大師の法華經思想の時間的關係 / 45
  • 三 智者大師の生涯 / 46
  • 四 天台の五時八教 / 53
  • (イ) 「五時」の時判 / 53
  • (ロ) 八教 / 58
  • (ハ) 五時八教の價値 / 63
  • 五 宇宙萬有 / 65
  • (イ) 十界 / 66
  • (ロ) 十界互具 / 73
  • (ハ) 十如是 / 75
  • (ニ) 百界千如 / 77
  • (ホ) 三千 / 78
  • (ヘ) 一念三千 / 78
  • (ト) 觀心 / 80
  • (チ) 三諦 / 82
  • (リ) 法華轉法華 / 85
  • (ヌ) 觀行 / 86
  • 第四章 法華經 / 89
  • 序品第一 / 90
  • 方便品第二 / 101
  • 三乘 / 109
  • (イ) 聲聞乘=四諦
  • (ロ) 縁覺乘=十二因縁
  • (ハ) 菩薩乘=六波羅蜜
  • 譬喩品第三 / 116
  • 信解品第四 / 122
  • 藥草喩品第五 / 128
  • 授記品第五 / 129
  • 化城喩品第七 / 131
  • 五百弟子受記品第八 / 138
  • 授學無學人記品第九 / 140
  • 法師品第十 / 141
  • 見寶塔品第十一 / 144
  • 提婆達多品第十二 / 146
  • 勸持品第十三 / 148
  • 安樂行品第十四 / 151
  • 從地涌出品第十五 / 152
  • 如來壽量品第十六 / 153
  • 分別功徳品第十七 / 157
  • 隨善功徳品第十八 / 160
  • 法師功徳品第十九 / 161
  • 常不輕菩薩品第二十 / 163
  • 如來神力品第二十一 / 164
  • 囑累品第二十二 / 166
  • 藥王菩薩本事品第二十三 / 167
  • 附 現一切色身三昧 / 170
  • 妙音菩薩品第二十四 / 171
  • 後篇
  • 第一章 觀音經序論 / 173
  • 一 觀世音菩薩 / 183
  • 二 法華經の攝受門 / 185
  • 三 女人ぼさつ(詩) / 187
  • 第二章 妙法蓮華經觀世音菩薩普門品第二十五 / 189
  • 附 觀音靈驗記新解釋 / 231
  • 一 壺坂寺觀音靈驗記 / 231
  • 二 觀音に依つて賊難を遁れ、命を拾ひし女の話(今昔物語) / 235

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 観音経を語る : 並法華経
著作者等 岡本 かの子
書名ヨミ カンノンギョウ オ カタル : ナラビニ ホケキョウ
出版元 大東出版社
刊行年月 昭和17
ページ数 240p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46003187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想