近さん歩んだ道

吉岡力, 福永武彦 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 三十九年の記録(近三四二郎の生涯)
  • 近さんを語る(座談會記事)
  • I 幼年時代 / 16
  • II 少年時代 / 25
  • III 青年時代(前期) / 65
  • IV 青年時代(後期) / 84
  • V 壯年時代 / 96
  • 近さんを憶ふ
  • 近さんの憶ひ出・奧宮加壽 / 138
  • 蘇つた近さん・吉岡俊亮 / 147
  • 近さんといふ人・小林英夫 / 149
  • 天上の微笑・小林英夫 / 153
  • 近三四二郎君の憶ひ出・平山去私 / 155
  • 「憶ひ出集に」寄す・曾根豐裕 / 159
  • 思ひ出・磯岡寛 / 161
  • 年若き友の思ひ出に・バルバーラ・ブブノフ / 163
  • 感想・明石哲三 / 166
  • 生活の斷片から(遺稿)
  • I 隨想 / 171
  • 時計(大正二・九) / 171
  • 文鳥(昭和九) / 172
  • にんじん(昭和九・五) / 177
  • つくばね雜記(昭和九・十一) / 182
  • 窓(昭和十・五) / 189
  • アンナ先生(昭和十一・一) / 197
  • 茄子汁(不詳) / 202
  • II 詩歌 / 205
  • 折々の歌 / 205
  • 「母を迎へる歌」 / 207
  • 「旅から」より(大正十) / 207
  • 君には(大正十) / 209
  • おもひで(大正十) / 212
  • 俳句片々(昭和八) / 219
  • 病床雜記(昭和八) / 221
  • 「寄すアイ新婚」 / 232
  • 「鶫」より(昭和九) / 233
  • III 創作 / 235
  • 小さい庭(昭和九) / 235
  • 犬も喰ふや否や(昭和九) / 240
  • 顏(昭和十・十) / 253
  • えほん草案(昭和十・三) / 268
  • IV 紀行 / 268
  • テント處女旅行記(大正十・五) / 268
  • 旅ところどころ(昭和十) / 278
  • V 日記 / 297
  • 日記1(昭和十・一より三) / 297
  • 日記2(昭和十・十) / 322
  • 日記3(昭和十三・七) / 325
  • IV 書簡 / 329
  • 暑中休暇通信(大正八) / 329
  • 寮母宛(昭和七) / 333
  • 小林英夫氏宛(昭和九・五・五) / 335
  • 右 同(昭和十・五・十) / 337
  • 宮下義信氏宛(昭和十・七・二) / 342
  • 平山清氏宛(昭和十一・三・四) / 344
  • 宮下義信氏宛(昭和十一・十一・十三) / 347
  • 右 同(昭和十二・三・十六) / 350
  • 小林英夫氏宛(昭和十三・二・十四) / 350
  • 宮下義信氏宛(昭和十四・三・二十三) / 352

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近さん歩んだ道
著作者等 吉岡 力
福永 武彦
書名ヨミ コンサン アユンダ ミチ
出版元 日本少年寮記念ノ家
刊行年月 昭和15
ページ数 352p
大きさ 20cm
全国書誌番号
44008865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想