茶碗屋茶話

芳野町人 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 1 軟質陶器 / 1
  • 2 禁輸 / 3
  • 3 加藤君の消息 / 5
  • 4 晩春より初夏 / 7
  • 5 枕 / 9
  • 6 黒手組の脅迫 / 12
  • 7 暴動のあと / 14
  • 8 水金禁輸問題 / 16
  • 9 原價計算 / 17
  • 10 陶庵侯 / 19
  • 11 加藤助九郎氏の訃 / 21
  • 12 八層閣 / 23
  • 13 水金の洗濯懸引術 / 24
  • 14 船腹餘る / 26
  • 15 水金の解決 / 28
  • 16 紅燈緑酒 / 30
  • 17 十一月十一日 / 31
  • 18 誤解 / 33
  • 19 師走 / 34
  • 20 十億圓 / 35
  • 21 六人の女性 / 37
  • 22 出石の話 / 38
  • 23 停車場の趣味 / 39
  • 24 外科療法 / 41
  • 25 祇園あたり / 43
  • 26 『陶氣來了』 / 44
  • 27 太湖の水 / 45
  • 28 天狗の來襲 / 47
  • 29 留物語 / 48
  • 30 合同の溝 / 51
  • 31 寄附 / 53
  • 32 梅蘭芳 / 55
  • 33 世界の苦の種 / 56
  • 34 鄭さんの話 / 58
  • 35 奈良ホテル / 60
  • 36 力の定則 / 63
  • 37 『獨逸製』の呪文 / 64
  • 38 市民倶樂部 / 65
  • 39 海からの話 / 67
  • 40 秋の雨の日 / 69
  • 41 休日問題 / 70
  • 42 『金』 / 71
  • 43 教授の家 / 73
  • 44 ポンチ畫の二三 / 74
  • 45 陶器屋の地位 / 76
  • 46 外交員の悲哀 / 77
  • 47 小天地 / 79
  • 48 天草がへりの話 / 83
  • 49 ある製陶家に / 85
  • 50 グレート大阪市の計畫發表の日に / 86
  • 51 支那公使 / 88
  • 52 新男爵 / 90
  • 53 赤道から / 91
  • 54 春の畫 / 92
  • 55 松島肇氏 / 93
  • 56 物價の峠 / 95
  • 57 土崩瓦解 / 97
  • 58 からくり爲替 / 99
  • 59 堂島界隈 / 102
  • 60 自然の裁き / 103
  • 61 すみだ川 / 105
  • 62 氣安めの説 / 107
  • 63 鰻飯と澤庵漬 / 108
  • 64 金持ちの話 / 112
  • 65 二つの訪問者 / 114
  • 66 職工手帳 / 117
  • 67 太平洋酒場 / 118
  • 68 世界人 / 121
  • 69 お目出たい話 / 124
  • 70 清水選手の印象 / 126
  • 71 雪 / 128
  • 72 新代議士 / 130
  • 73 花 / 131
  • 74 日貨抵制 / 132
  • 75 嬰粟の花 / 135
  • 76 埴輪を見て / 137
  • 77 石井と福澤 / 138
  • 78 四月第二週 / 141
  • 79 「金箔王」と私 / 143
  • 80 燿變天目 / 146
  • 81 黒衣の魔神 / 148
  • 82 風情 / 150
  • 83 勝つた國敗けた國 / 151
  • 84 星の友達 / 153
  • 85 秋風 / 155
  • 86 鳴尾原頭 / 156
  • 87 戰後滿四ヶ年 / 157
  • 88 南米行 / 159
  • 89 多治見人とピンポン / 162
  • 90 危機 / 163
  • 91 首壺 / 165
  • 92 山莊の夜 / 167
  • 93 火事 / 170
  • 94 曉山雲 / 173
  • 95 葡萄牙の青年との對話 / 175
  • 96 伊勢武者 / 178
  • 97 富志喜徳利 / 180
  • 98 立春大吉 / 182
  • 99 春雨の午後 / 183
  • 100 罷業前後 / 186
  • 101 球根 / 189
  • 102 土佐堀河畔 / 191
  • 103 南新谷北新谷 / 193
  • 104 縣會議員の候補者某氏へ / 197
  • 105 極東選手權大會 / 199
  • 106 借金三昧 / 201
  • 107 百萬馬克 / 204
  • 108 森御陰氏の話 / 206
  • 109 『戰爭』と『平和』 / 209
  • 110 號外の夜 / 210
  • 111 長唄演奏會への途中 / 213
  • 112 ソーダ・フアウンテンの一隅にて / 216
  • 113 恐怖時代? / 218
  • 114 蘇土以東 / 221
  • 115 生き得るの道 / 223
  • 116 驅引秘話 / 224
  • 117 森村と辻惣 / 228
  • 118 雨 / 231
  • 119 大問屋の風格 / 232
  • 120 比島の客 / 234
  • 121 夜寒燒 / 236
  • 122 和蘭國名譽領事 / 238
  • 123 芭蕉の心 / 242
  • 124 二人の印度人 / 243
  • 附録
  • 養老から長良川へ 陶器屋豪遊記の一節 / 247
  • 東京印象記 / 257
  • 伊豫の海と山と人と / 261
  • 病床雜筆 / 276
  • 一、 避病院 / 276
  • 二、 花 / 278
  • 三、 看護婦生活 / 279
  • 四、 びわの葉の秘密 / 280
  • 瀬戸情調 / 282
  • 一、 染附 / 283
  • 二、 春二 / 285

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 茶碗屋茶話
著作者等 芳野町人
書名ヨミ チャワンヤ チャワ
出版元 山名書房
刊行年月 大正14
ページ数 288p
大きさ 20cm
NCID BA84301692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43049875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想