陽電子消滅2光子角相関法による絶縁性結晶中のポジトロニウムの研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 本研究の目的と論文の構成 / p1
  • 1.2 陽電子消滅2光子角相関法 / p3
  • 1.3 ポジトロニウム / p9
  • 参考文献 / p15
  • 第2章 新方式の陽電子消滅2光子2次元角相関装置の開発 / p17
  • 2.1 序論 / p17
  • 2.2 位置敏感γ線検出器の詳細 / p22
  • 2.3 2次元角相関装置全体の概要 / p30
  • 2.4 データ解析方法 / p42
  • 2.5 性能評価 / p51
  • 参考文献 / p54
  • 第3章 アルカリハライド中の非局在ポジトロニウムの波動関数 / p56
  • 3.1 序論 / p56
  • 3.2 実験 / p63
  • 3.3 議論 / p72
  • 3.4 結論 / p79
  • 参考文献 / p80
  • 第4章 スピンクロスオーバー錯塩〔Fe(ptz)₆〕(BF₄)₂および〔Zn(ptz)₆〕(BF₄)₂中のポジトロニウム / p81
  • 4.1 序論 / p81
  • 4.2 実験 / p95
  • 4.3 議論 / p105
  • 参考文献 / p108
  • 第5章 謝辞 / p110
  • 付録 非局在ポジトロニウムの運動量分布とスペクトル関数 / p112
  • A.1 序論 / p112
  • A.2 理論 / p118
  • A.3 実験データへの適用 / p122
  • A.4 議論 / p129
  • 参考文献 / p132

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 陽電子消滅2光子角相関法による絶縁性結晶中のポジトロニウムの研究
著作者等 永井康介
書名別名 陽電子 消滅 光子角 相関法 絶縁性 結晶中 ポジトロニウム
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想