敗北の記録 : 特派員の覚書  上巻

前田義徳 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 黃昏のローマ / 1
  • 一 マルセイユの凶報 / 1
  • 二 杉田陽之助 / 5
  • 三 佛跡を追ふ / 12
  • 四 公電 / 17
  • 五 ゴルフ場にて / 22
  • 六 ステファニー通信社 / 27
  • 七 木枯しのミラから / 34
  • 八 ブラジーニ邸の夜會 / 39
  • 九 ムッソリーニ / 43
  • 一〇 ヨシコ・ベルトラメリ / 50
  • 一一 ベニス宮 / 55
  • 一二 蝶江ローマに現る / 63
  • 一三 旅愁は過去の光榮に / 67
  • 一四 多忙な一夜 / 73
  • 第二章 往く者、來る者 / 79
  • 一 雪のローマ / 79
  • 二 ソアレ・ド・ノエル / 84
  • 三 山莊の冥想 / 90
  • 四 入り亂れる感情 / 95
  • 五 雪の別離 / 101
  • 六 國際記者倶樂部 / 106
  • 七 フオン・ランゲ / 111
  • 八 衆生流轉 / 115
  • 九 戀愛について / 120
  • 一〇 サンタ・ルチア / 126
  • 一一 ピエール・ラバルの訪伊 / 131
  • 一二 ヴイラ・マダマの邂逅 / 134
  • 一三 ピオナ一世 / 139
  • 第三章 春から夏へ / 144
  • 一 東洋の作曲家 / 144
  • 二 レスピーギ氏の家 / 150
  • 三 ロンドンの離愁 / 156
  • 四 テームズを覆ふ霧 / 161
  • 五 ハイレ・セラシエ一世 / 166
  • 六 ヴオルピ伯 / 171
  • 七 ベニス宮の祕密會議 / 175
  • 八 モチーブとメロデー / 182
  • 九 フオン・ハツセル大使 / 187
  • 一〇 ヒツトラーの意嚮を傳ふ / 191
  • 一一 特種 / 196
  • 一二 ストレーザ會議 / 201
  • 一三 見えざる祖國へ / 207
  • 一四 毛色の變つた國際商人 / 213
  • 一五 重大聲明 / 217
  • 一六 戰爭か文化か / 221
  • 一七 アドリアの海邊 / 226
  • 一八 一夜の急變 / 232
  • 第四章 アビシニアの熱風 / 238
  • 一 アロイジ男席を蹴る / 238
  • 二 何時の日か再びローマへ / 243
  • 三 サポーリ敎授の訪問 / 249
  • 四 從軍 / 255
  • 五 ナポリからポートサイドへ / 262
  • 六 チヤーノ伯の苦言 / 268
  • 七 開戰の飛報 / 273
  • 八 アズマラの邂逅 / 278
  • 九 デ・ボーノ / 283
  • 一〇 戰線での憂鬱 / 288
  • 一一 不時着 / 293
  • 一二 ジユゼッペ・ポッタイ / 298
  • 一三 紅一點 / 303
  • 一四 チヤーノ伯生還 / 308
  • 第五章 馬車に乘る運命 / 314
  • 一 ロッソーニの決意 / 314
  • 二 王との會見 / 318
  • 三 前線から銃後へ / 322
  • 四 デ・アルデイジオ親子 / 326
  • 五 苦惱と無軌道 / 331
  • 六 梅と秦助 / 334
  • 七 下剋上 / 339
  • 八 ハッセル・杉田會談 / 345
  • 九 地下に蠢く / 350
  • 一〇 あざなへる繩 / 355
  • 一一 東と西 / 359
  • 一二 忘我の勝利 / 363

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 敗北の記録 : 特派員の覚書
著作者等 前田 義徳
書名ヨミ ハイボク ノ キロク : トクハイン ノ オボエガキ
書名別名 Haiboku no kiroku
巻冊次 上巻
出版元 月曜書房
刊行年月 1947
ページ数 367p
大きさ 19cm
NCID BA39862775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55013851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想