腸管収縮におけるサブスタンスPの作用機序に関する研究 : モルモット回腸神経叢におけるサブスタンスP、セロトニンおよびコリン作動性神経の相互作用について

この本の情報

書名 腸管収縮におけるサブスタンスPの作用機序に関する研究 : モルモット回腸神経叢におけるサブスタンスP、セロトニンおよびコリン作動性神経の相互作用について
著作者等 大森 俊明
書名ヨミ チョウカン シュウシュク ニ オケル サブスタンス P ノ サヨウ キジョ ニ カンスル ケンキュウ : モルモット カイチョウ シンケイソウ ニ オケル サブスタンス P セロトニン オヨビ コリン サドウセイ シンケイ ノ ソウゴ サヨウ ニ ツイテ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想