ATR信号の瞬時的観測装置の開発と金属膜の光学定数

[目次]

  • 論文目録
  • 論文内容要旨
  • 目次
  • 1.序章 / p1
  • 2.表面ポラリトンと全反射減衰(ATR)法 / p3
  • 2-1.表面ポラリトン(SP) / p3
  • 2-2.全反射減衰法と光学定数の測定 / p6
  • 3.二つのATR装置 / p10
  • 3-1.I-ATR装置 / p10
  • 3-2.超高真空のI-ATR装置 / p12
  • 4.フッ化物膜上の銀膜の光学定数とその経時変化 / p18
  • 4-1.金属薄膜の成長過程での光学定数の変化及び蒸着後の経時変化 / p18
  • 4-2.フッ化物膜上の銀膜の光学定数とその経時変化 / p24
  • 5.A1膜の光学定数に与える残留ガスの影響 / p33
  • 5-1.はじめに / p33
  • 5-2.Alの光学定数 / p33
  • 5-3.Al膜の光学定数の真空圧力依存性 / p36
  • 5-4.Al膜の光学定数の経時変化 / p40
  • 5-5.まとめ / p49
  • 6.低温基板上に蒸着した金属膜の光学定数 / p50
  • 6-1.はじめに / p50
  • 6-2.低温基板上に蒸着した金属膜の誘電率 / p50
  • 6-3.アニーリング過程での光学定数の変化 / p55
  • 6-4.欠陥消滅に対する活性化エネルギー / p62
  • 6-5.まとめ / p68
  • 7.多重極表面ポラリトン(MSP)の励起及び観測用装置の開発 / p69
  • 7-1.はじめに / p69
  • 7-2.実験装置 / p70
  • 7-3.MSP観測のための光学系 / p71
  • 7-4.まとめ / p72
  • 8.まとめ / p74
  • 付録 / p75
  • 謝辞 / p77
  • 研究業績 / p78

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ATR信号の瞬時的観測装置の開発と金属膜の光学定数
著作者等 奥野 雄太郎
書名ヨミ ATR シンゴウ ノ シュンジテキ カンソク ソウチ ノ カイハツ ト キンゾクマク ノ コウガク テイスウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想