七里恒順師語録 : 付・七里和上手簡

小泉了諦 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 御浄土参りに心配は入らぬ
  • 二 加持や祈祷は商家の店飾
  • 三 安心したいとあせるな
  • 四 信心を得たる時日は覚ゑずとよい
  • 五 風邪安心と盗人信心
  • 六 何より早ひ心ろ
  • 七 @慢で聴聞しなさるなや
  • 八 下女の飯を焚き損を叱るな
  • 九 闇と明との出会
  • 一〇 百円の持主となれ
  • 一一 火を焚けば烟が出る
  • 一二 御喜びに三段ある様ぢや
  • 一三 喜び心ろに覚へのない人
  • 一四 喜ばれぬは信心が頂かれぬであるまいか
  • 一五 願力の不思議で助るのぢや
  • 一六 如来様七分に私三分ではならぬ
  • 一七 麻殻は杖にならぬ
  • 一八 喜ベタスクルトイフ本願はない
  • 一九 金ありながら足ぬと云ふ
  • 二〇 金借る為めに家屋を塗る
  • 二一 御教化に懸直はない
  • 二二 御恩喜ぶが心ろの地色
  • 二三 地獄ゆきと浄土参り
  • 二四 活溌人と品行
  • 二五 念仏修行と渡世家業つとめ
  • 二六 法義のおかけで世渡が楽になる
  • 二七 自分の喜びは御法義繁昌
  • 二八 念仏行者の渡世は愉快ぞ
  • 二九 同行の一癖がある
  • 三〇 智慧の進むに注意せよ
  • 三一 信心に離れず付て居れ
  • 三二 報謝称名の難易
  • 三三 子供の母に抱かれたる味ひ
  • 三四 信心を活用せよ
  • 三五 勤めと懈怠
  • 三六 始めより終りまで楽はない
  • 三七 枯た苗に水を注ぐな
  • 三八 喜べ助けるの仰せはない
  • 三九 私のからでは参れぬぞ
  • 四〇 私が安心したてはいかぬぞ
  • 四一 信者と不信者のちかひ
  • 四二 智恵と信との進みかた
  • 四三 煩悩が正客ぞ
  • 四四 四通りの御馳走を味ゑ
  • 四五 仏凡一体の味を知れ
  • 四六 御慈悲を増減するな
  • 四七 元の白地になりて聞け
  • 四八 煩悩混りの善根はいかぬ
  • 四九 信海流出の称名
  • 五〇 念仏の声に二つはない
  • 五一 一身を犠牲に供せよ
  • 五二 同行菩知識に親近しなさい
  • 五三 執着を離れなさい
  • 五四 乗車には倔強の輓夫を選べ
  • 五五 念仏に数を定むるな
  • 五六 根機相応の法
  • 五七 百円札小供でも持てる
  • 五八 小児の母に抱かれた様ぢや
  • 五九 法事の勤め心ろ
  • 六〇 御経を土産に貰つた
  • 六一 盃をうつむけな
  • 六二 念仏は煩悩が交ぜらぬぞ
  • 六三 世間のひまを闕き法を聞け
  • 六四 死後は何処にゆくか
  • 六五 寐てもさめてもの教化
  • 六六 寝た間にも念仏
  • 六七 娘の三味線を聞が楽みぢや
  • 六八 子をもつ母親は気をつけなさい
  • 六九 帳面の付方に困る
  • 七〇 慈悲と智恵が入用ぢや
  • 七一 御廻向が六字名号
  • 七二 手渡ならぬ品物
  • 七三 内へ帰れば御慈悲を忘る
  • 七四 女房から喧嘩が始まる
  • 七五 衛生に心掛けなさい
  • 七六 大食して溜飲を出すな
  • 七七 家庭教育の大事
  • 七八 親心からぢや
  • 七九 念仏をすすめ教化
  • 八〇 親に土産は何がよいか
  • 八一 はまつて念仏なさい
  • 八二 順逆共に御縁となる
  • 八三 称へても自力にならぬぞ
  • 八四 力らに叶ふた丈ケ勤めなさい
  • 八五 勤めは気任せではない
  • 八六 金持は金を大切にする
  • 八七 善を勤むる心を持て
  • 八八 名利の大山に迷惑する
  • 八九 道徳の製造に気をつけ
  • 九〇 仏法と王法
  • 九一 因果は車輪の如くぢや
  • 九二 次の幕が御浄土
  • 九三 航海の大船を見なさい
  • 九四 罪を造るが好でない
  • 九五 馬車馬を見なさい
  • 九六 乗船所近きに宿を取れ
  • 九七 厭離欣求の反対
  • 九八 影法師を捕へるな
  • 九九 水中の月を見なさい
  • 一〇〇 人は弱点あるもの
  • 一〇一 野@の心を持つな
  • 一〇二 鉛玉でも活用する
  • 一〇三 仰せのままを聞くのぢや
  • 一〇四 時計の時間を聞け
  • 一〇五 腐ても鯛となれ
  • 一〇六 西洋の源空が這入てくるぞ
  • 一〇七 不孝の因縁
  • 一〇八 集れば百円となる
  • 一〇九 悪種は蔓延するぞ
  • 一一〇 学者も分らぬ事が多い
  • 一一一 持越された善
  • 一一二 芝居見も益がある
  • 一一三 封じ込めた六字
  • 一一四 実際にお喜びなされや
  • 一一五 造り花には香も味もない
  • 一一六 一心一向何を云ふぞ
  • 一一七 一日づうづう遊んではならぬ
  • 一一八 身体は何所へ向ひてもよい
  • 一一九 無向安心ではならぬ
  • 一二〇 帳面も曖昧はできぬ
  • 一二一 真実大悲の御手許を仰ぎなさい
  • 一二二 一升に一合の割ではならぬ
  • 一二三 海月には三世は見ぬ
  • 一二四 聞は信心があらはれる
  • 一二五 信心の大相違
  • 一二六 ソノ雛形は用ひてならぬ
  • 一二七 其のままが信心
  • 一二八 増減は共に聞不具足ぢや
  • 一二九 指が六本でもゆかぬ
  • 一三〇 生起本末
  • 一三一 聞@た心持
  • 一三二 由良之助と与一平
  • 一三三 敵を打た時は嬉し
  • 一三四 本気に聞た人と耳に聞た人
  • 一三五 早く起き様と思ふと寝られぬ
  • 一三六 商ひ止めて法を喜だ
  • 一三七 御慈悲を思ひ出すに便利
  • 一三八 懈怠三分御相続七分
  • 一三九 念仏すると人が笑ふ
  • 一四〇 名号が無上智恵の念仏
  • 一四一 二而不二といふ
  • 一四二 勝負は両人にある
  • 一四三 自暴自棄ではならぬ
  • 一四四 植付けたままではならぬ
  • 一四五 二諦の妙旨に叶ふ様になさい
  • 一四六 一夫一婦
  • 一四七 小声火急の念仏
  • 一四八 称へ様はどうでもよい
  • 一四九 慈善も六ケ敷事でない
  • 一五〇 安産が目出度
  • 一五一 自分一己ノ考へではいかぬ
  • 一五二 仏法に老年と壮年はない
  • 一五三 泣きやむのが幼児の常
  • 一五四 火吹達磨は腹の中の湯が沸く
  • 一五五 花咲ば香ひがする
  • 一五六 太鼓と棒
  • 一五七 時と機で教が替る
  • 一五八 煩悩は凡夫の自性
  • 一五九 裸体で大道を走る
  • 一六〇 白骨を拾ふた人
  • 一六一 口で云ふ事と身に行ふ人
  • 一六二 信の一字を忘れてならぬ
  • 一六三 他人の物が我物になる
  • 一六四 悟を聞く道二筋あり
  • 一六五 親の物を貰ふ
  • 一六六 本願の風呂に入れ
  • 一六七 宿屋と病院
  • 一六八 今少し心が確りなりそふな
  • 一六九 我々心善ひ事に勤ることはない
  • 一七〇 大荒に救助船が入用
  • 一七一 自督の安心は別の事でない
  • 一七二 市は天地の財具
  • 一七三 炭の切れ端はきたない
  • 一七四 名残惜く思ふは世の習
  • 一七五 僧侶の義務は何たるものぞ
  • 一七六 主客本未の顛倒
  • 一七七 信前の称名は誤解する
  • 一七八 金柑と密柑の喰ひ方
  • 一七九 裸体では人中に出られぬ
  • 一八〇 飯椀と汁椀
  • 一八一 医師の薬札
  • 一八二 財産も御預り物
  • 一八三 悪ひ心は直らぬ
  • 一八四 参れるか参れぬか
  • 一八五 信心は疑はぬ事
  • 一八六 受持の仕事をせよ
  • 一八七 帽子と頭に気をつけ
  • 一八八 念仏の申されん様にすべし
  • 一八九 法を受付ぬ病
  • 一九〇 我心に価値を付けな
  • 一九一 信心は浄土に望めて起るではない
  • 一九二 船に乗る事を忘れな
  • 一九三 勤めねばならぬ大行
  • 一九四 商人を学べよ
  • 一九五 機根の優劣と願海の平等
  • 一九六 念々見仏す
  • 一九七 常に厭離せよ
  • 一九八 木戸口に入れ
  • 一九九 戒行を持つ身がない
  • 二〇〇 御開山の御好みのもの
  • 二〇一 夫と妻の心得
  • 二〇二 人界受生の本懐
  • 二〇三 大船に乗る居心地
  • 二〇四 念仏相続の資本
  • 二〇五 商業につき原因結果
  • 二〇六 原因の分合
  • 二〇七 謙譲の徳
  • 二〇八 日夜に影法師
  • 二〇九 寒気と念仏
  • 二一〇 厭世教は世を益す
  • 二一一 念仏相続と世間名利者
  • 二一二 楽屋と舞台の顛倒
  • 二一三 当流の信心
  • 二一四 聞分けた安心
  • 二一五 不思議の仏智
  • 二一六 病人と医薬
  • 二一七 踏み出しと称名
  • 二一八 名号は物足らぬ物でない
  • 二一九 歓喜の厚薄と一念の信
  • 二二〇 歓喜の厚薄について往生を危ぶな
  • 二二一 心のもやくやに相手になるな
  • 二二二 称名相続は心を沈静に及ばぬ
  • 二二三 任運無作の称名
  • 二二四 念仏行者の節操
  • 二二五 はまつて御相続なされ
  • 二二六 たしなめの御言葉
  • 二二七 掛直のない金言
  • 二二八 石を割ると茎の折工合
  • 二二九 俗諦の勤め方と安心
  • 二三〇 慚愧と仏力
  • 二三一 たすかるぞよの勅命
  • 二三二 富士の山を写した信者
  • 二三三 聴聞した同行に二種がある
  • 二三四 信心頂た上の変り
  • 二三五 魚を盛た皿の臭気
  • 二三六 御荘厳と御称名
  • 二三七 枯た御花と枯た念仏
  • 二三八 真宗の教は悪人の製造場でない
  • 二三九 汽車に乗るに切符が入用
  • 二四〇 難行の小路迷ひ易い
  • 二四一 驕慢心は強ひもの
  • 二四二 俗諦門の心掛が第一ぞ
  • 二四三 鶯の囀るも時侯ぞ
  • 二四四 正真の品物も用ひ方で害ぞ
  • 二四五 厘毛も大切にせよ
  • 二四六 青銅の鍋と土鍋に気をつけ
  • 二四七 浄土参りの取つめ
  • 二四八 説教聴く時の喜び
  • 二四九 何程聞ても胸が定らぬ
  • 二五〇 信心は如来から貰ひもの
  • 二五一 無常の句を聞て驚かれた方があるぞ
  • 二五二 西東同時に走れぬぞ
  • 二五三 正義たりとも繁からんを止めよ
  • 二五四 参らせねば置かぬの勅命
  • 二五五 自力のはからいでは役にたたぬ
  • 二五六 何故に酔ぬであらふか
  • 二五七 智恵と信仰の有無
  • 二五八 腹立のあとサツパリするぞ
  • 二五九 いつも御客心ではならぬ
  • 二六〇 新年の衣類も頂き物
  • 二六一 衣食住の三つ念仏の助業ぞ
  • 二六二 喜んだが用にたたぬ
  • 二六三 正宗の名剣も錆てはいけぬ
  • 二六四 信を強く勧むると邪見になる
  • 二六五 一心一向の宗旨ぢや
  • 二六六 前業所感と祈念祈祷
  • 二六七 御籤もらいは何といふ事か
  • 二六八 信仰も中折れがするぞ
  • 二六九 病院に入れば薬をのめ
  • 二七〇 仏説は金杖を折る如きぢや
  • 附録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 七里恒順師語録 : 付・七里和上手簡
著作者等 七里 恒順
小泉 了諦
書名ヨミ シチリ ゴウジュン シ ゴロク : フ シチリ ワジョウ シュカン
出版元 顕道書院
刊行年月 明43.11
ページ数 205p
大きさ 15cm
全国書誌番号
40047146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想