日本文学の近代と現代

猪野謙二 著

[目次]

  • I
  • 日本の近代化と文学-近代日本文学史への試み- / 7
  • 古典と現代文学 / 67
  • II
  • 「戦後」の近代日本文学論-その一面についての覚え書- / 87
  • 日本文学研究の現状-国文学の世界- / 113
  • 生活記録と文学 / 135
  • 日本の児童文学と近代文学-菅忠道著『日本の児童文学』をめぐって- / 154
  • ひとつの問題-日本のナショナリズムと文学- / 163
  • III
  • 漱石の『それから』 / 169
  • 藤村と花袋 / 198
  • 初期の正宗白鳥 / 214
  • 生田長江の生涯と思想 / 247
  • 徳田秋声への照明 / 265
  • 幸田露伴と今日の文学 / 279
  • IV
  • 田宮虎彥論 / 285
  • 杉浦明平のルポルタージュ文学-『台風十三号始末記』- / 301
  • 竹内好『国民文学論』 / 306
  • 『木下順二評論集』について / 309
  • 寺田透『同時代の文学者』 / 315
  • ざれうた一篇をめぐって / 318
  • あとがき / 324

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学の近代と現代
著作者等 猪野 謙二
書名ヨミ ニホン ブンガク ノ キンダイ ト ゲンダイ
出版元 未来社
刊行年月 1958
ページ数 325p
大きさ 19cm
NCID BN06948786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58013237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想