武者小路実篤全集  第9巻

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序のかはり / 1
  • 秋が來た / 3
  • 全身に力が滿ちた / 4
  • 淋しい / 5
  • 長い廊下 / 8
  • 龜の如し / 10
  • お目出たう / 11
  • 我にたよれ / 12
  • 二つの歌 / 13
  • 二人 / 14
  • 世間 / 15
  • 笑つてやりたい / 15
  • 我は鐵なり / 16
  • 自分の慾望 / 17
  • 生の爲に / 18
  • 我は弱し / 18
  • 天才と藝人 / 19
  • 我を憎め / 19
  • 嘲笑へ / 22
  • 我は輕蔑す / 24
  • 彼は天才か / 25
  • 自己と他人 / 25
  • 誕生日に際しての妄想 / 26
  • 他人の親切 / 34
  • 今の自分の仕事 / 36
  • 彼の風評 / 37
  • 我は孤獨に非ず / 38
  • 罪惡の犧牲者 / 39
  • 默して步け / 40
  • 自分達は / 41
  • 五十まで / 42
  • 意力をもつて / 42
  • 死 / 43
  • 新しき家 / 44
  • 若い男と若い女 / 44
  • 一人の女と三人の男 / 45
  • 師よ師よ / 46
  • バン・ゴオホ / 46
  • ホイツトマン / 47
  • ホドラー / 48
  • ドストエフスキーの顏 / 48
  • 淋しさ / 49
  • 汝よ / 50
  • 神の意志 / 50
  • 巨人 / 51
  • 卵の殼 / 53
  • 鼓舞してくれる人 / 54
  • 希望に滿てる日本 / 55
  • どつちが勝つか / 57
  • 泉の嘆き / 58
  • 別れた處 / 58
  • 流 / 59
  • 太陽と月 / 60
  • 自由になる女 / 62
  • 批評家の輕蔑 / 64
  • 百里步く人と、千里步く人 / 65
  • 泣くな / 65
  • お城の殿樣 / 67
  • 善良な彼の女が / 69
  • 或人は俺を / 72
  • 我が妻に / 74
  • おゝ川よ、川よ / 75
  • 火を / 75
  • 芝居にて / 76
  • さうして自分は勝つ / 77
  • 天才は云つた / 78
  • 女よ(女の無知を喜ぶ人の多いのを見て) / 78
  • 先輩に / 79
  • 俺は金だ / 80
  • だが / 81
  • 俺は安心だ / 81
  • 批評家に / 82
  • 彼等は / 82
  • お前の書くもの / 83
  • お前は天才か / 84
  • しやうがない奴 / 84
  • 僕から見ると / 85
  • 浦島太郞の出發 / 85
  • 浦島の獨白 / 106
  • 與へるものは / 109
  • 讀者 / 112
  • わが友 / 117
  • レンブラント / 121
  • 俺が立つてゐるのは / 122
  • 君達 / 123
  • 自分が / 124
  • 少女は / 126
  • 友達の喜び / 143
  • 喜びは / 144
  • 飼犬よ / 144
  • 雷 / 145
  • キタナイ詩 / 146
  • デイオの死 / 147
  • 働きの歌六 / 150
  • 心淸き時は / 155
  • よき人よ / 156
  • 人間よりも / 157
  • 正直であれ / 158
  • 我が仕事 / 158
  • 我は人間を信用する / 160
  • 神とは何ぞや / 160
  • 一生を眞劍に / 161
  • 我等に / 162
  • 支那人が / 162
  • 疲れたら / 163
  • 書く、耕す / 164
  • 身體中が / 164
  • いかにも春 / 165
  • 花も / 165
  • 俺の子供の時から / 166
  • 自然のまゝは / 166
  • 其處は / 167
  • 美しい花が / 167
  • 極樂の空氣 / 168
  • 見たもの / 168
  • 頭が / 169
  • 工場で / 169
  • 俺の眞劍に / 170
  • 神と云ふものは / 170
  • 神に愛されて / 171
  • まあいゝ / 171
  • 大きな木 / 172
  • さあ俺も / 172
  • 立ち上つたら / 173
  • 果報は / 173
  • 本氣に / 173
  • 俺は、俺は / 174
  • 俺をやつてしまへ / 174
  • 袋はくさつたが / 175
  • 佛陀と云ふ / 175
  • 俺は又 / 176
  • 死ぬ淋しさ / 176
  • だが / 176
  • 一寸(春) / 177
  • お前と(春) / 177
  • 俺も(春) / 178
  • 健全な / 178
  • 神を忘れて / 179
  • 病人は(春) / 179
  • だが皆が / 180
  • ふやけて(春) / 180
  • 俺は大したことを / 181
  • だが大きく(春) / 181
  • 雨が降つた / 182
  • いゝ本を / 182
  • 惡いものは / 182
  • 粗雜な / 183
  • 眞劍になつて / 183
  • 俺は人間として / 184
  • 俺が人間に / 184

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 武者小路実篤全集
著作者等 武者小路 実篤
書名ヨミ ムシャノコウジ サネアツ ゼンシュウ
書名別名 Mushanokoji saneatsu zenshu
巻冊次 第9巻
出版元 芸術社
刊行年月 大正14
ページ数 4冊
大きさ 19cm
NCID BN11871523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43037181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
AとB
Aと幻想
Aの手紙三つ
A夫婦
Cの話
「あれ」
「嬰児殺戮」中の一小出来事
ある教育家
ある日の手紙
ある母
ある父
ある父の手紙
ある都会
おどりくらべ
かちかち山
その妹
だるま
へんな原稿
わしも知らない
エピソード
ダビデの運命
ペルシヤ人
ユダの弁解
ヨハネ,ユダの弁解を聞いて
一休に聞いた話
一日の素盞鳴尊
三和尚
不幸な男
久米仙人
二つの心
二人
二十八歳の耶蘇
亡友
人間万歳
人間造りの一瞬間の会話
今に見ろ
仏陀と孫悟空
勇士と聖人
友の話
呑気な二人の女の会話
呑気な親子
四人
土地
地蔵と鬼
小さき世界
小喜劇
小曲
平凡な四人の男の話
庭にゐる男
張男の最後の日
後ちに来る者
悪夢
或る夫婦
或る日の一休
或る日の事
或る日の出来事
或る若き女
或る若き男
或る青年の夢
新らしき家
新浦島の夢
日本武尊
未能力者の仲間
桃源にて
桃色の室
楠正成
死後のイスカリオテのユダ
母としてのわが母
母親の心配
無知万歳
父と娘
生れ来る子の為に
神と男と女
秀吉と曽呂利
私生児
秋の曲
空想
第1巻: 或る日の夢
第2巻: ある家庭
第3巻: Aと運命
第4巻: 清盛と仏御前
第5巻: 芳子
第6巻: 友情
第二の母
簡単さ
罪なき罪
耶蘇を見た
花咲爺
若い男の手紙
西伯と呂尚
西幸熊
野島先生の夢
釘をうつ音
韓信の股くぐり
養父
鰻と鮭
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想