海軍軍人志願者宝典 : 官費養成

本間晴 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第一篇 帝國海軍の內容 / 4
  • 第一章 海軍の使命 / 4
  • 第二章 海軍の組織 / 9
  • 第一節 統帥權 / 9
  • 第二節 海軍軍令部 / 10
  • 第三節 海軍省 / 11
  • 第四節 鎭守府 / 16
  • 第五節 艦隊の編制 / 19
  • 第六節 敎育機關 / 22
  • 第三章 海軍軍人の階級と給與 / 24
  • 第一節 海軍々人の階級(階級士官の袖章進級年數) / 24
  • 第二節 海軍軍人の給與 / 32
  • 一 俸給
  • 二 手當
  • 三 加俸
  • 四 その他の給與
  • 第四章 進路のいろいろ / 39
  • 第一節 一兵よりのスタート / 42
  • 第二節 官費學校よりのスタート / 47
  • 第二篇 官費學校案內 / 49
  • 第一章 志願者心得 / 49
  • 募集試驗期日
  • 入學試驗科目
  • 受驗心得
  • 志願者の一般的注意
  • 第二章 海軍兵學校 / 65
  • 目的
  • 歷史
  • 敎育の概要
  • 日課及び週課
  • 卒業後の進路
  • 第三章 海軍經理學校 / 78
  • 目的
  • 歷史
  • 敎育の概要卒業後の進路
  • 第四章 海軍機關學校 / 83
  • 目的
  • 敎育の概要
  • 進路
  • 第三篇 海軍飛行家 / 85
  • 第一章 我が海軍航空隊の沿革 / 85
  • 第二章 海軍航空隊の陣容 / 87
  • 第三章 海軍機の種類 / 91
  • 偵察機
  • 戰鬪機
  • 攻擊機
  • 飛行艇
  • 第四章 海軍飛行家となるには / 97
  • 第一節 海軍志願兵 / 97
  • 第二節 志願兵の檢査及び入團 / 99
  • 第三節 海軍航空術練習生 / 101
  • 第四節 少年航空兵 / 107
  • 第五章 航空加俸と保護賜金 / 115
  • 第四篇 海軍技術將校 / 119
  • 第一章 技術將校とは / 119
  • 第二章 海軍技術將校關係法令 / 121
  • 第一節 海軍武官任用令抄 / 121
  • 第二節 海軍軍醫中尉少尉・海軍藥劑中尉少尉任用規則 / 129
  • 第三節 海軍主計中尉少尉任用規則・海軍主計少尉候補生採用規則 / 130
  • 第四節 海軍造船中尉少尉・造兵中尉少尉、造機中尉少尉任用規則海軍造船少尉候補生、造機少尉候補生、造兵少尉候補生採用規則 / 131
  • 第五節 海軍軍醫學生・藥劑學生・主計學生・造船學生・造機學生・造兵學生令 / 133
  • 第五篇 最近採用試驗問題集 / 136
  • 第一章 海軍兵・經理學校 / 136
  • 昭和六年度問題
  • 昭和七年度問題
  • 第二章 海軍機關學校 / 159
  • 昭和六年度問題
  • 第三章 海軍少年航空兵 / 170
  • 昭和五年度問題
  • 昭和六年度問題
  • 昭和七年度問題
  • 〔頭註〕其の他各種必要事項參考資料並びに各種試驗問題解答(昭和六・七年度海軍志願者試驗問題)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海軍軍人志願者宝典 : 官費養成
著作者等 本間 晴
書名ヨミ カイグン グンジン シガンシャ ホウテン : カンピ ヨウセイ
書名別名 Kaigun gunjin shigansha hoten
出版元 帝国教育会出版部
刊行年月 昭和7
ページ数 181p
大きさ 18cm
全国書誌番号
46085652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想