評釈国文学大系  第3

[目次]

  • 目次
  • 解說 / 1
  • 桐壺 / 37
  • いづれの御時にか / 38
  • 前の世にも / 43
  • かしこき御蔭をば / 46
  • この御子三つになり給ふ年、 / 51
  • その年の夏、 / 54
  • 御胸のみつとふたがりて、 / 58
  • 限りあれば、 / 61
  • はかなく日ごろ過ぎて、 / 64
  • 野分だちて、 / 66
  • 參りては、いとど心苦しう / 70
  • 宮は大殿籠りにけり。 / 76
  • うへもしかなん。 / 78
  • 命婦は、まだ / 84
  • かの贈り物御覽ぜさす。 / 88
  • 風の音、蟲の音につけて、 / 90
  • 月日經て、 / 96
  • いまは內裏にのみ / 98
  • そのころ、高麗人の / 100
  • 年月に添へて、 / 108
  • 源氏の君は、 / 111
  • この君の御童姿、 / 115
  • ひきいれの大臣の皇女腹に / 118
  • その夜、大臣の御里に、 / 122
  • 源氏の君は、 / 126
  • 「長恨歌」 / 130
  • 帚木 / 138
  • 光源氏、名のみことごとしう、 / 139
  • 長雨晴れまなきころ / 145
  • つれづれと降りくらして、 / 147
  • そこにこそ多くつどへ給ふらめ。 / 152
  • なりのぼれども、 / 160
  • もとの品、時世のおぼえうちあひ、 / 164
  • さまざまの人のうへどもを / 169
  • かたちきたなげなく若やかなる / 174
  • いまはただ品にもよらじ。 / 180
  • 艶に物はぢして、 / 181
  • 絶えぬ宿世淺からで、 / 184
  • よろづのことによそへておぼせ。 / 190
  • はやう、まだいと下﨟にはべりし時、 / 195
  • そのかみ思ひはべりしやう、 / 198
  • 內裏わたりの旅寢もすさまじかるべく、 / 203
  • さて、また同じころまかり通ひしところは、 / 210
  • 神無月のころほひ、月おもしろかりし夜、 / 212
  • この二つの事を思う給へあはするに、 / 217
  • 中將、「なにがしは、 / 219
  • さて、この文のことばは / 221
  • 式部がところにぞ氣色あることはあらむ。 / 228
  • さていと久しくまからざりしに / 232
  • すべて男も女も、 / 237
  • からうじて、今日は / 242
  • いとしのびて、ことさらに / 249
  • 端つかたのおましに、 / 257
  • 君はとけても寢られ給はず、 / 262
  • 皆しづまりぬるけはひなれば、 / 265
  • 障子をひきたてて、 / 269
  • 鶏も鳴きぬ。 / 277
  • このほどは大殿にのみおはします。 / 283
  • さて五六日ありて、 / 285
  • 君、召し寄せて / 289
  • 例の、內裏に日かず經給ふころ、 / 294
  • 君は、いかにたばかりなさむと、 / 298
  • 索引 / 303

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 評釈国文学大系
書名ヨミ ヒョウシャク コクブンガク タイケイ
書名別名 源氏物語
巻冊次 第3
出版元 河出書房
刊行年月 1955
ページ数 312p
大きさ 22cm
全国書誌番号
55002092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
源氏物語 秋山虔 ほか, 秋山虔
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想