日本現代文学全集  第14

伊藤整 等編

[目次]

  • 內村鑑三集
  • 目次
  • 卷頭寫眞
  • 筆蹟
  • 基督信徒の慰 / 7
  • 求安錄 / 37
  • 宗敎と文學 / 88
  • モーセの十誡 / 114
  • 十字架の道 / 145
  • 作品解說・龜井勝一郞 / 404
  • 內村鑑三入門・大內三郞 / 410
  • 年譜 / 420
  • 參考文獻 / 442
  • 植村正久集
  • 目次
  • 卷頭寫眞
  • 筆蹟
  • 福音道志流部 / 209
  • 今の文學 / 222
  • 文學上の理想主義に付て一言す / 224
  • 基督敎文學と佛敎文學 / 225
  • 宗敎と文學 / 227
  • 基督敎徒の新聞雜誌及び其の記者 / 228
  • 日本基督敎の文學 / 236
  • 同情ある基督敎文學の必要 / 236
  • 文藝界の好傾向 / 237
  • 詩人ブラウニング / 237
  • ブラウニングの詩『カルシヽの書翰』 / 238
  • ブラウニングの宗敎 / 238
  • 畎畝の詩人ロベルト・ボルンズ / 240
  • 自然界の豫言者ウォルズウォルス / 243
  • 詩宗テニソン / 251
  • テニソンと其の詩 / 253
  • 無主義の世界、無信の世界 / 257
  • 實際と理想 / 259
  • 不敬罪と基督敎 / 268
  • 宗敎上の觀察 / 269
  • 基督敎徒の社會問題 / 277
  • 信用は進步幸福の源なり / 282
  • 『武士道』 / 284
  • 福澤先生の諸行無常 / 288
  • 王陽明の「立志」 / 291
  • 新島襄 / 292
  • 黑谷の上人 / 294
  • 日本評論の發行 / 299
  • 福音週報の發刊に付き一言す / 300
  • 福音週報 / 301
  • 福音新報 / 301
  • 基督敎の日本に對する使命 / 302
  • 基督敎と武士道 / 302
  • 世界の日本 / 304
  • 保守的反動と進步の機緣 / 305
  • 日本の文明 / 305
  • 三種の愛國心 / 306
  • 文明の相異-國家の生存 / 306
  • 武士的家庭と基督敎的家庭 / 307
  • 吾らの社會問題 / 307
  • 日本主義(?) / 309
  • 社會問題と基督敎徒 / 310
  • 日本の敎育と基督敎 / 310
  • 日本人の短所 / 311
  • 現代思想の缺點 / 311
  • 大學の獨立 / 312
  • 日本敎育の缺點 / 313
  • 他界心 / 313
  • 日本に於る基督敎の活動 / 314
  • 基督と其の事業 / 315
  • 傳道何の爲ぞ / 351
  • 國民は基督敎を要する乎 / 353
  • 作品解說・龜井勝一郞 / 404
  • 植村正久入門・大內三郞 / 410
  • 年譜 / 429
  • 參考文獻 / 444
  • 新島襄集
  • 目次
  • 卷頭寫眞
  • 筆蹟
  • 同志社設立の始末 / 359
  • 同志社大學設立の旨意 / 361
  • 基督敎皇張論 / 366
  • 天父基督を十字架に添て世に賜へり / 372
  • 書簡 / 375
  • 一致・組合兩敎會合併問題について / 399
  • 詩 / 402
  • 作品解說・龜井勝一郞 / 404
  • 新島襄入門・大內三郞 / 410
  • 年譜 / 436
  • 參考文獻 / 446

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本現代文学全集
著作者等 伊藤 整
書名ヨミ ニホン ゲンダイ ブンガク ゼンシュウ
書名別名 内村鑑三集 : 附キリスト教文学

Nihon gendai bungaku zenshu
巻冊次 第14
出版元 講談社
刊行年月 1964
ページ数 446p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
55001179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想