文芸年度賞作品集  第六回

編者及び出版者: 第3回 機関車労働組合

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 刊行のことば・吉田忠三郎 額賀英良 / 1
  • 小説
  • いがみ合う仲間(一位)・荻野幸一 / 8
  • 曇天の下で(二位)・岡部昇吾 / 33
  • D51880(三位)・高橋武郎 / 54
  • 戯曲
  • 濃霧運転(二位)・中井安治 / 66
  • 廃車の季節(〃)・小島康男 / 99
  • ともしび(三位)・深見彰 / 115
  • 雪あかり(〃)・山内重昭 / 134
  • 評論
  • 生産性向上運動の実態と最近の理論的諸問題(一位)・村井昭治 / 161
  • 真の社会主義のために(二位)・刈間豊 / 185
  • 組合運動を阻むもの(三位)・中野直治 / 194
  • コント
  • 苺と踏切(一位)・後藤博之 / 198
  • 醬油めし(二位)・告下春一 / 200
  • 制服の保険外交員(三位)・植村清朗 / 203
  • 出産(佳作)・根宜久夫 / 205
  • ピエロ(〃)・楠淳生 / 206
  • 生活綴方・ルポ・随筆
  • 生理休暇(一位)・西隈希久代 / 208
  • テイラー(二位)・上近輝一 / 212
  • 私たちの希望(三位)・松浦正雄 / 214
  • 安藝の列車給仕(佳作)・小柳卓三 / 219
  • 黒いズック靴(〃)・楠林生悟 / 234
  • 手術(一位)・山崎重藤 / 236
  • 最後の箱(二位)・浜口国雄 / 239
  • 落石地帯(三位)・梁田漠 / 243
  • 機関車の下で(佳作)・志摩亘 / 244
  • その日から君等は知つた(〃)・高橋武郎 / 245
  • 枕木更換(〃)・近藤芳朗 / 247
  • 煙とつ掃除(〃)・林喜三 / 248
  • 吹雪のなかで汽笛が鳴る(〃)・門田喬 / 250
  • 短歌
  • 高橋爾郎(一位) / 251
  • 成田嘉一郎(二位) / 252
  • 須藤靖(三位) / 253
  • 大宮不二男(佳作) / 254
  • 鳥海晃(〃) / 255
  • 高橋武郎(〃) / 256
  • 加治木一洋(〃) / 257
  • 宮沢渉(〃) / 258
  • 俳句
  • 宮越竹の春(一位) / 259
  • 岸本青雲(二位) / 260
  • 丸山碧雲子(三位) / 261
  • 足立高司(佳作) / 262
  • 水島純一郎(〃) / 263
  • 望月留加男(〃) / 264
  • 鈴木碧嶺子(〃) / 265
  • 柴田瀬戸彦(〃) / 266
  • 川柳
  • 関野春陽(一位) / 267
  • 蔦作太郎(二位) / 267
  • 南里克磨(三位) / 268
  • 佐藤曙光(佳作) / 268
  • 鎌田芳雪(〃) / 269
  • 藤沢岳穂(〃) / 269
  • 池田竜歩(〃) / 270
  • 正本水客(〃) / 270
  • 漫画
  • 選挙対策委員会(一位)・佐藤仲男 / 271
  • かくしべい(二位)・宮村正治 / 272
  • 誰が為に鐘は鳴る(三位)・田中敏夫 / 273
  • 電化その後(佳作)・中津東視市 / 274
  • スピードに命を削る男と酔う男(〃)・三方原よしお / 275
  • 選評
  • 小説・半田義元 上田広 / 276
  • 戯曲・八田元夫 木下順二 管井幸雄 / 281
  • 評論・小田切秀雄 平野謙 / 291
  • コント・司代隆三 西野辰吉 / 294
  • 生活綴方・ルポ・随筆・国分一太郎 真鍋呉夫 / 298
  • 詩・小野十三郎 金子光晴 / 302
  • 短歌・近藤芳美 渡辺順三 / 306
  • 俳句・石田波藤 加藤楸邨 / 309
  • 川柳・前田雀郎 石原青竜刀 / 313
  • 漫画・伊藤逸平 須山計一 / 316
  • 編集後記 / 320

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文芸年度賞作品集
著作者等 国鉄労働組合
機関車労働組合
書名ヨミ ブンゲイ ネンドショウ サクヒンシュウ
書名別名 Bungei nendosho sakuhinshu
巻冊次 第六回
出版元 国鉄労働組合
刊行年月 1959
ページ数 6冊
大きさ 21cm
全国書誌番号
55002950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想