Schrift als Schicksal : zur Textualität und Intertextualität in Klaus Hoffers Roman, Bei den Bieresch

Rainer Landvogt

この本の情報

書名 Schrift als Schicksal : zur Textualität und Intertextualität in Klaus Hoffers Roman, Bei den Bieresch
著作者等 Landvogt, Rainer
シリーズ名 Epistemata : Würzburger wissenschaftliche Schriften
出版元 Königshausen & Neumann
刊行年月 c1990
ページ数 326 p.
大きさ 24 cm
ISBN 3884795244
NCID BA11715548
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ドイツ語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想