最新問答全書 : 附・最近八年間官立諸学校入学試験問題  漢文

島村東洋 編

[目次]

  • 目次
  • 一 南風不競とは如何
  • 二 刮目とは如何
  • 三 世間を江湖といふは如何
  • 四 徙木之信とは如何
  • 五 風馬牛の出処は如何
  • 六 俳優を梨園の弟子とはいかに
  • 七 桂石之臣の出処はいかん
  • 八 掌中之玉とはいかん
  • 九 妻を細君といふはいかが
  • 一〇 酒を美禄とはいかん
  • 一一 酒を青州従事とはいかん
  • 一二 殺鶏謝客とは如何
  • 一三 厮養卒とはいかん
  • 一四 無恙とはいかん
  • 一五 不崇朝而及天下とはいかん
  • 一六 投轄之愛とは如何
  • 一七 杵臼之交の出処いかん
  • 一八 寺の事を精舎といふは如何
  • 一九 唇歯国とは如何
  • 二〇 傾城とは如何
  • 二一 濫觴の故事を問ふ
  • 二二 中原逐鹿を故事如何
  • 二三 黔首とはいかん
  • 二四 傍若無人の出処如何
  • 二五 祖道とはいかん
  • 二六 京都を京師といふは如何
  • 二七 父母を怙恃といふは如何
  • 二八 池魚之殃とは如何
  • 二九 邯鄲之歩及邯鄲之夢とは如何
  • 三〇 張旭濡頭とは如何
  • 三一 親友を莫逆といふは如何
  • 三二 挂冠とは如何
  • 三三 井底蛙の出処を問ふ
  • 三四 ◇馬之禍とはいかん
  • 三五 束脩の出処はいかん
  • 三六 埋骨青山の故事いかに
  • 三七 滄桑之感とは如何
  • 三八 鉛◇とは如何
  • 三九 意在鶏肋寔為羊存とは如何
  • 四〇 冗長嚼蝋然足示腹笥腕力の解を問ふ
  • 四一 半面識の故事いかん
  • 四二 口中雌黄の故事いかん
  • 四三 画餅の故事いかん
  • 四四 献芹の出処如何
  • 四五 行在所の故事如何
  • 四六 蔗境とは何ぞや
  • 四七 破天荒とは何ぞや
  • 四八 狭斜之地とは何ぞや
  • 四九 年及破瓜の故事如何
  • 五〇 監梅の故事を問ふ
  • 五一 嶄然見頭角とはいかん
  • 五二 箕畢之囲始解とはいかん
  • 五三 孟母有断機之教とはいかん
  • 五四 若朽索之馭六馬とはいかん
  • 五五 蓋衆中之巨擘とはいかん
  • 五六 先入為主とはいかん
  • 五七 苗而不秀者有矣とはいかん
  • 五八 揺尾帖耳以乞憐とは如何
  • 五九 簟瓢自楽とはいかん
  • 六〇 素封之富以可比陶猗矣とは如何
  • 六一 逕庭とは如何
  • 六二 渉猟書伝とは如何
  • 六三 二竪とはいかん
  • 六四 易@とはいかん
  • 六五 夢遊於華胥国とは如何
  • 六六 宿昔青雲志とは如何
  • 六七 曲学阿世とは如何
  • 六八 目無一丁字とは如何
  • 六九 麗沢契とは如何
  • 七〇 抛纏頭祝之とは如何
  • 七一 青眼欣如とはいかん
  • 七二 青蠅汗白玉とはいかん
  • 七三 国色とは如何
  • 七四 天歩艱難とはいかん
  • 七五 翻雲覆雨とは如何
  • 七六 甘棠念とは如何
  • 七七 塞翁馬とは如何
  • 七八 瓜田履李下冠とは如何
  • 七九 功成身退とは如何
  • 八〇 嘉遯之志とは如何
  • 八一 一見如旧相識とは如何
  • 八二 蒲柳之質とはいかん
  • 八三 避三舎とはいかん
  • 八四 朝三暮四とは如何
  • 八五 積善之家有余慶とは何か
  • 八六 懸河之弁とは何か
  • 八七 錦心繍腸とは如何
  • 八八 見岐路而泣見白糸而悲とは如何
  • 八九 撃壌鼓腹とはいかん
  • 九〇 天網恢恢疎而不洩とは何か
  • 九一 魚網鴻離之@とはいかん
  • 九二 一片丹心照汗青とは如何
  • 九三 脅肩諂笑とは何か
  • 九四 水魚之交とは如何
  • 九五 哲婦傾城とはいかん
  • 九六 蝸角之争とはいかん
  • 九七 邂逅の字義出処を問ふ
  • 九八 汗牛充棟の意義如何
  • 九九 得隴望蜀とは如何
  • 一〇〇 履霜警堅氷とはいかん
  • 一〇一 嚆矢の出処意義を問ふ
  • 一〇二 名声藉甚とは何か
  • 一〇三 不足措歯牙とは如何
  • 一〇四 魚沈雁断とはいかん
  • 一〇五 兎走鳥飛の意義を問ふ
  • 一〇六 報牛耳とは如何
  • 一〇七 星移物換とはいかん
  • 一〇八 唇亡歯寒とはいかん
  • 一〇九 五日一風十日一雨の意義出処いかん
  • 一一〇 焼琴烹鶴とは如何
  • 一一一 舐糟粕とはいかん
  • 一一二 南柯之一夢とはいかん
  • 一一三 膠柱とは如何
  • 一一四 出藍之誉とはいかん
  • 一一五 髀肉之歎とはいかん
  • 一一六 雲従竜とは何ぞ
  • 一一七 解語花とはいかか
  • 一一八 @居とはいかが
  • 一一九 為登竜門とはいかん
  • 一二〇 払鬚塵とはいかん
  • 一二一 証左とはいかん
  • 一二二 金蘭之契とはいかん
  • 一二三 盗泉之水の意義いかん
  • 一二四 南山之寿、松柏之茂とは如何
  • 一二五 氷堅之幸とは何ぞや
  • 一二六 如泰山北斗とはいかん
  • 一二七 執牙籌とは如何
  • 一二八 謀議於尊俎之間とはいかん
  • 一二九 吶吶難弁とはいかん
  • 一三〇 欲張図南之鵬翼とは如何
  • 一三一 日出三竿とはいかん
  • 一三二 刀圭の意義如何
  • 一三三 蚌鷸之争とは何ぞ
  • 一三四 金衣公子の出処意義いかん
  • 一三五 点心とはいかん
  • 一三六 噬臍とは如何
  • 一三七 長鞭不及於馬腹とはいかん
  • 一三八 反目の出処意義を問ふ
  • 一三九 人口に膾灸すとは何ぞ
  • 一四〇 斗筲人とは如何
  • 一四一 抱杞憂とは何ぞ
  • 一四二 九牛之一毛耳とは何ぞ
  • 一四三 糊口の意義故典をあげよ
  • 一四四 鼻祖とは何ぞ
  • 一四五 物色とは何ぞ
  • 一四六 蛇足とは何ぞ
  • 一四七 杜撰とは何ぞ
  • 一四八 幕府の出処いかん
  • 一四九 物故とは如何
  • 一五〇 入木道とはいかん
  • 一五一 筆力扛鼎とはいかん
  • 一五二 意馬心猿とはいかが
  • 一五三 湯@之誅の出処はいかが
  • 一五四 殺青之業とは何か
  • 一五五 舌耕の出処如何
  • 一五六 紈絝子弟とは何ぞ
  • 一五七 領袖といふ故事を問ふ
  • 一五八 着着中其肯綮の出処はいかが
  • 一五九 竜陽とはなんぞや
  • 一六〇 弾丸黒子の出処はいかが
  • 一六一 落成の出処いかが
  • 一六二 悪漢の出処いかん
  • 一六三 仰天而唾の出処いかん
  • 一六四 秋波とはいかが
  • 一六五 孟良不稽之臆説とはいかが
  • 一六六 使節の出処は何ぞや
  • 一六七 二十を呼んで念といふは如何
  • 一六八 敗天公とはいかが
  • 一六九 別業とは何ぞ
  • 一七〇 覆醤覆瓿とは如何
  • 一七一 革命の故事いかが
  • 一七二 蔭補とはいかが
  • 一七三 吹毛求疵とはいかん
  • 一七四 殺風景の故事いかん
  • 一七五 泉石膏盲とは如何
  • 一七六 桑麻之交とはいかが
  • 一七七 倥侗とはいかん
  • 一七八 任人如市瓜とはいかん
  • 一七九 十年乃字とはいかが
  • 一八〇 折衷とは如何
  • 一八一 遊戯三味とはいかん
  • 一八二 断腸花とはいかが
  • 一八三 狼煙とはいかが
  • 一八四 没字碑とは如何
  • 一八五 鋳鉄硯とは何ぞ
  • 一八六 鉄画銀鈎とはいかん
  • 一八七 出旧楂とは何ぞ
  • 一八八 土崩瓦解とは如何
  • 一八九 口耳之学とはいかん
  • 一九〇 白簡之風とはいかん
  • 一九一 風魚之警とはいかん
  • 一九二 左遷の出処いかが
  • 一九三 元帥の出処は如何
  • 一九四 附庸とはいかん
  • 一九五 落魄とは何ろや
  • 一九六 考妣とはいかが
  • 一九七 騒人とはいかん
  • 一九八 北堂とはいかが
  • 一九九 中原とはいかが
  • 二〇〇 如盲亀之逢浮木は如何
  • 二〇一 一犬吠形万犬伝実とはいかん
  • 二〇二 拮据とは如何
  • 二〇三 九仞攻虧一簀とはいかん
  • 二〇四 負笈とはいかん
  • 二〇五 網羅とはいかん
  • 二〇六 附驥尾とは何ぞ
  • 二〇七 斉東野人の語とは何ぞ
  • 二〇八 緑林白波とは何ぞ
  • 二〇九 骨董の起元を問ふ
  • 二一〇 蝉有五徳とは何ぞ
  • 二一一 泰山頽梁木壊は如何
  • 二一二 空谷之足音跫然とは何ぞ
  • 二一三 一騎当千とは如何
  • 二一四 切磋琢磨とは何ぞ
  • 二一五 峨峨高山洋洋流水の意義を問
  • 二一六 馬齢とは何@
  • 二一七 瑣尾顛跌及び流離とは何ぞ
  • 二一八 中肯綮とは何ぞ
  • 二一九 言語矛盾とは如何
  • 二二〇 裏屍於馬革とは何ぞ
  • 二二一 大厦之顛非一木之所支とは何ぞ
  • 二二二 数奇とは何ぞ
  • 二二三 五十歩百歩とは如何
  • 二二四 瓦全とは何ぞ
  • 二二五 如姑射之仙とは如何
  • 二二六 懸車之齢とは如何
  • 二二七 @鈎之人とは如何
  • 二二八 衆妙之門とは何ぞ
  • 二二九 跳梁の意義を問ふ
  • 二三〇 夙得臨池之矩矱とは何ぞや
  • 二三一 光焔万丈とは何ぞ
  • 二三二 静如林疾如風とは何ぞ
  • 二三三 豹変とは何ぞ
  • 二三四 竜伸蠖屈とは如何
  • 二三五 不堪轍鮒之患とは如何
  • 二三六 京観とは何ぞ
  • 二三七 生祠とは何ぞ
  • 二三八 十干十二支の異名を使用せし古人の証例を問ふ
  • 二三九 蒼天、昊天、旻天、上天とは如何
  • 二四〇 八鎮とは何ぞ
  • 二四一 樗檪とは如何
  • 二四二 四霊三物とは何ぞ
  • 二四三 仮虎威之狐とは何ぞ
  • 二四四 猶予とは如何
  • 二四五 中原鹿落於誰手とは何ぞ
  • 二四六 白頭如新傾葢如旧とは如何
  • 二四七 有陰徳者其栄及子孫とは何ぞ
  • 二四八 @楚とは如何
  • 二四九 玉石倶焚とは何ぞ
  • 二五〇 学歩於邯鄲者未得其彷彿とは如何
  • 二五一 権与とは何ぞ
  • 二五二 市有虎とは何ぞ
  • 二五三 豈鹿豕哉而常群聚乎とは何ぞ
  • 二五四 駿馬駄痴漢走とは如何
  • 二五五 友陳編とは如何
  • 二五六 青衿とは何ぞ
  • 二五七 青州従事とは如何
  • 二五八 皐比下とは何ぞ
  • 二五九 陪鹵簿之列とは如何
  • 二六〇 星拱而慕其徳とは如何
  • 二六一 人中竜とは何ぞ
  • 二六二 無但石之儲とは何ぞ
  • 二六三 踊三百とは何ぞ
  • 二六四 竹葉とは何ぞ
  • 二六五 鶺鴒之情とは如何
  • 二六六 有忸怩とは如何
  • 二六七 得頷下之珠とは何か
  • 二六八 古人之糟粕の故事いかが
  • 二六九 蓮歩とは何ぞや
  • 二七〇 爛額とはいかが
  • 二七一 泰斗の出処はいかが
  • 二七二 良賈為折閲不止市とは何ぞ
  • 二七三 残民とはいかん
  • 二七四 零下とはいかん
  • 二七五 木桃とはいかが
  • 二七六 巣林一枝の出処いかが
  • 二七七 細作とはいかが
  • 二七八 晏駕とはいかが
  • 二七九 孔方兄とはいかが
  • 二八〇 僧を出家といふはいかが
  • 二八一 耳冷の故事いかが
  • 二八二 乞骸骨の出処いかが
  • 二八三 添丁とはいかが
  • 二八四 皷盆之憂とはいかが
  • 二八五 結釆蘭之約の出処いかが
  • 二八六 属烏有の出処いかが
  • 二八七 大刀頭とはいかが
  • 二八八 孺子とはいかが
  • 二八九 接眉宇とはいかが
  • 二九〇 衝中堅とはいかが
  • 二九一 太白とはいかん
  • 二九二 九五尊の出処いかん
  • 二九三 敵愾の出処いかん
  • 二九四 秋水といふはいかに
  • 二九五 豆腐を淮南とはいかん
  • 二九六 刎頸之交とはいかん
  • 二九七 不律といふはいかが
  • 二九八 妓楼を青楼といふはいかが
  • 二九九 青雲の出処いかが
  • 三〇〇 操觚とは何ぞや
  • 三〇一 屠竜枝とはいかが
  • 三〇二 越俎の罪の出処はいかが
  • 三〇三 報喜と云ふは何ぞや
  • 三〇四 福田とは何ぞや
  • 三〇五 稽古の出処はいかん
  • 三〇六 但石之儲の出処はいかが
  • 三〇七 東道主人とは何ぞや
  • 三〇八 儲弐とはいかが
  • 三〇九 蝉脱の出処いかが
  • 三一〇 人琴之感の故事いかが
  • 三一一 雕虫の出処はいかが
  • 三一二 等身書とはいかが
  • 三一三 耕硯田とはいかが
  • 三一四 橘中之楽の出処いかが
  • 三一五 蒙塵といふ故事
  • 三一六 周章とはいかが
  • 三一七 沙汰の出処いかが
  • 三一八 出色とはいかが
  • 三一九 人の詩を佳什とは如何
  • 三二〇 魚網鴻離之嘆とは如何
  • 三二一 駙馬とは何ぞや
  • 三二二 大夫の死することを不禄と云ふは如何
  • 三二三 如燃犀とはいかん
  • 三二四 @剣刻舟とはいかん
  • 三二五 菽水之歓とはいかが
  • 三二六 文運を奎運といふはいかん
  • 三二七 懐春とはいかん
  • 三二八 荼毘と云ふ故事いかが
  • 三二九 渓壑之欲とはいかが
  • 三三〇 奚嚢とはいかが
  • 三三一 懸河之弁の故事いかん
  • 三三二 詮義の出処はいかん
  • 三三三 高爵を台鼎と称するは如何
  • 三三四 過標梅の意義いかが
  • 三三五 吠日之怪とはいかが
  • 三三六 宿構とはいかが
  • 三三七 高弟を高足といふは如何
  • 三三八 一牛鳴地とはいかん
  • 三三九 女婿を東床と云ふはいかが
  • 三四〇 草莱之議とはいかが
  • 三四一 箕裘之業とはいかが
  • 三四二 青衿の出処いかが
  • 三四三 天下瓜分とはいかが
  • 三四四 中@の出処はいかが
  • 三四五 合巹之情とはいかが
  • 三四六 紹介の出処はいかが
  • 三四七 蒲鞭之治とはいかが
  • 三四八 貧窮を環堵といふはいかに
  • 三四九 人豕之譏の出処如何
  • 三五〇 軒渠とはいかん
  • 三五一 猶と尚との別を挙げよ
  • 三五二 熟と倩との別を挙げよ
  • 三五三 実と真と誠との区別
  • 三五四 善と能と克と善との意義を明かにせよ
  • 三五五 還と復と亦と又との区別を挙げよ
  • 三五六 始と初と肇と甫との用法を挙げよ
  • 三五七 有と在との別は如何
  • 三五八 任と耐と勝と堪とを区別せよ
  • 三五九 毎、恒、常、との別如何
  • 三六〇 会と偶とは如何
  • 三六一 使、令、遣、教、の別は如何
  • 三六二 庶幾の別如何
  • 三六三 虚と空と徒を分別せよ
  • 三六四 姑と少と間とを区別せよ
  • 三六五 曷と何と奚との区別を挙よ
  • 三六六 いかんと訓@る類を挙げて略解せよ
  • 三六七 庸と焉と悪の区別
  • 三六八 嗟、噫、嘻、戯、〓、欸、嗚呼との区別
  • 三六九 矣の意義を問ふ
  • 三七〇 也の意義を問ふ
  • 三七一 哉の意義如何
  • 三七二 焉の意義如何
  • 三七三 耳と尓と己との区別如何
  • 三七四 那と夫と耶と乎と@とを弁ぜよ
  • 三七五 此、是、斯、茲の別を弁ぜよ
  • 三七六 厥と其との区別如何
  • 三七七 自と従との区別いかが
  • 三七八 弥と愈との異同を弁ぜよ
  • 三七九 益と増との区別をあげよ
  • 三八〇 倍を滋とは如何
  • 三八一 猥にと濫とは如何
  • 三八二 敢と肯とは如何
  • 三八三 尋、追、随、とを弁ぜよ
  • 三八四 親と自との弁をなせ
  • 三八五 尓と然とを分別せよ
  • 三八六 而の字は如何なる処に用ゐらるべきか
  • 三八七 雖の用法如何
  • 三八八 因と由との区別如何
  • 三八九 べしといふに幾種の用字あるか且つ説明せよ
  • 三九〇 べしと訓する複用の語を上げよ
  • 三九一 如、若、似、の別を正せ
  • 三九二 幸と頼とは異義なりや
  • 三九三 抑の用法如何
  • 三九四 約と類とを弁ぜよ
  • 三九五 豈の意義如何
  • 三九六 寧の意義如何
  • 三九七 思と意と憶と想と懐との別いかが
  • 三九八 諳と誦との別いかが
  • 三九九 談と話との別いかが
  • 附 官立諸学校入学試験問題(漢文)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 最新問答全書 : 附・最近八年間官立諸学校入学試験問題
著作者等 島村 東洋
書名ヨミ サイシン モンドウ ゼンショ : フ サイキン ハチネンカン カンリツ ショガッコウ ニュウガク シケン モンダイ
書名別名 Saishin mondo zensho
巻冊次 漢文
出版元 修学堂
刊行年月 明41
ページ数 16冊
大きさ 16cm
全国書誌番号
40042037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想