織田信長  上

山岡荘八 著

今川義元を討った信長の武名は、いちやく天下に轟いたが、諸国はまだ彼の天下統一の野望までは知らない。三河の松平元康(徳川家康)と同盟を結んだ信長は、戦国武将として始めて入洛。堺では大量の鉄砲を仕入れ、次なる敵への配備を固めた。それは美濃稲葉山の斎藤龍興。不落を誇るこの城の攻略法は?

「BOOKデータベース」より

信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちで仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だが-明智光秀、本能寺に主君を弑する。時代を先駆けた不世出の天才は笑って死んだ。完結篇。

「BOOKデータベース」より

吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う"うつけ者"。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。

「BOOKデータベース」より

天下を狙う駿府の今川義元は、遂に総力をあげて美々しく上洛の旅についた。尾張など眼中にない。抵抗すればもみ潰せ。屈服か、滅亡覚悟の抗戦か。信長は秘策を胸に動じない。だが義元が桶狭間に入ったと聞くや、者ども続け、と飛び出した。折から暴風雨襲来。天は、革命児・信長に味方した。

「BOOKデータベース」より

朝倉義景攻めで越前に入った織田・徳川連合軍の背後で、浅井長政が叛いた。妹婿を信じた不覚。生命からがら京へ戻った信長は、ついに叡山の焼打ち、皆殺しに踏みきった。これが武田信玄の上洛を促す。その途上での信玄の突然の死。四面楚歌の中で雄叫びを続けていた信長は救われた。次は長政を討つ!

「BOOKデータベース」より

異常の振舞いの多いその男を、ひとは、尾張のうつけと呼んで、国の行く末をあやぶんだ。しかし、彼の妻の父、まむしと呼ばれる斎藤道三は、「わが子らは、やがてあの男の門前に馬をつなぐことになるだろう」と見透した。門前に馬をつなぐ、とは、服従するという意味である。-やがて、京洛をめざす今川義元軍を奇襲して破った信長は、しゅうと道三の予言どおり、斎藤家の本拠、稲葉山城をめざして破竹の進撃をかけた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 織田信長
著作者等 山岡 荘八
横山 光輝
書名ヨミ オダ ノブナガ
書名別名 Oda nobunaga
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 昭和36
ページ数 3冊
大きさ 18cm
ISBN 4061930117
NCID BN09235665
BN09427134
BA6287196X
BB01361796
BN0083813X
BN15690870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61011536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想