花杖記

山本周五郎 著

何者かによって父を殿中で殺され、家禄削減を申し渡された加乗与四郎が、事件の真相をあばくまでの記録『花杖記』。どんな場合も二の矢を用意せず、また果し合いにもあえて弱い弓を持ってのぞむ弓の達人の物語『備前名弓伝』。ほかに『武道無門』『御馬印拝借』『小指』『似而非物語』など、武家社会の掟の中で生きる武士たちの姿に、永遠に変わらぬ人間の真実をさぐった作品10編を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 花杖記 / 5
  • 肌匂う / 71
  • 枕を三度たたいた / 91
  • 末つ子 / 139
  • 屛風はたたまれた / 188
  • みずぐるま / 209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 花杖記
著作者等 山本 周五郎
書名ヨミ カジョウキ
書名別名 Kajoki
出版元 新潮社
刊行年月 1958
版表示 改版
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 4101134332
NCID BA67866399
BN09942323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58004202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想