スリを追って二十年

林順二, 曽根正人, 重見俊三 著

[目次]

  • 目次
  • 序文・警視総監 川合寿人
  • 序文・警察庁刑事部長 中川董治
  • 口絵
  • 筆者のことば
  • 兵庫篇
  • 刑事のサイフを狙う男 / 1
  • 盗品をかくす女体ポケット / 15
  • スリ学校通信講議録 / 28
  • 明治時代によく使われた術 / 31
  • 夜の山陽線の怪盗団 / 44
  • タカマチ(縁日)を追う男 / 60
  • 果されたスリとの約束 / 67
  • 大谷梅松恋ざんげ / 74
  • チンピラ日記 / 85
  • 捕えたスリの辯護に立って / 93
  • 私はスリだった / 103
  • 東京篇
  • 私の職場警視庁のこと / 127
  • 地下鉄のモグラ一派を追って / 130
  • 前科三六犯のスリ / 137
  • 産衣に泣く / 143
  • バタ屋に化けて浅草六区 / 147
  • スリのジンクス / 151
  • 二つの坊やも共犯 / 153
  • 鉄道銀行預金者とうそぶく / 156
  • 東京のどこ狙ねらわれるか / 167
  • 大阪篇
  • スリの目と女の目は同じ / 173
  • お前も若いの! / 177
  • アーメンお久 / 181
  • 阪神スリ学校実習生 / 187
  • トランクの七百万円 / 189
  • あれから一年(美しき妻はスリ常習者) / 194
  • 女スリ哀歌 / 198
  • 表向きはスタンドのマスター / 202
  • スリ会社大阪に進出 / 206
  • バカン師のキウリ / 209
  • 便セン一冊で懲役七年 / 212
  • 百貨店の婦人便所の怪盗 / 213
  • 前科一一〇犯(読売新聞社員のご難) / 219
  • 老賊エレージ / 225
  • 内海の魔王 / 229
  • 彼女は男だった / 232
  • スリ学校通信講議録別科 / 237
  • 江戸から明治開化へ・(スリ昔がたり) / 243
  • 三十一年度中の移動警察扱いの刑法犯 / 259
  • スリと置引別に分類すれば / 262
  • 編集にあたって / 264

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 スリを追って二十年
著作者等 曽根 正人
林 順二
重見 俊三
書名ヨミ スリ オ オッテ 20ネン
出版元 慧文社
刊行年月 1957
ページ数 263p
大きさ 19cm
NCID BA45670451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57012140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想