ゲシタルトの問題と学説  第5輯

佐久間鼎著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 感性經驗としての知覺
  • 第一節 感覺の槪念 / 1
  • 第二節 知覺と感覺 / 10
  • 第三節 感性の分極性 / 16
  • 第四節 知覺の成立 / 26
  • 第五節 知覺の條件 / 33
  • 第二章 生活空間
  • 第一節 生活空間と感性 / 39
  • 第二節 感受器の職分 / 46
  • 第三節 明暗の感受 / 51
  • 第四節 對象の運動 / 55
  • 第五節 生活空間の擴充 / 62
  • 第三章 移動空間
  • 第一節 目標への指方(見當づけ) / 71
  • 第二節 光羅針運動 / 79
  • 第三節 觸角指方 / 85
  • 第四節 「ねぐら」へ歸る / 91
  • 第五節 空間指方の學說その一 / 99
  • 第六節 空間指方の學說その二 / 110
  • 附錄
  • 第一 空間知覺の發生 / 123
  • 第二 視空間の不均等性異方性 / 133

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゲシタルトの問題と学説
著作者等 佐久間 鼎
書名ヨミ ゲシタルト ノ モンダイ ト ガクセツ
書名別名 空間行動と知覚の発展
巻冊次 第5輯
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 昭和12
ページ数 145p
大きさ 22cm
NCID BN10025466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46051139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想