ユーベルヴェーク大哲学史  第1篇

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前置
  • 緖論 哲學の槪念及び哲學史の方法。資料。參考資料。
  • 第一節 哲學の槪念 / 21
  • 第二節 哲學の歷史。科學の全領域に於いて哲學史の占むる位置。その方法と參考資料 / 34
  • 古代の哲學
  • 第三節 ギリシャ人、ローマ人、東方人の哲學に對する種々の態度。東方の哲學ギリシャ人の哲學 / 36
  • ギリシャ人の哲學
  • 第四節 ギリシャ哲學を知るための資料と參考資料 / 39
  • 第五節 ギリシャ哲學の搖籃。東洋との關係。神々に關する詩。宇宙に關する詩。格言的詩 / 74
  • 第六節 ギリシャ哲學史の時期 / 85
  • ギリシャ哲學第一期
  • アテナイ以前の哲學
  • 約紀元前六世紀の初めから紀元前五世紀の半ばまで
  • 第七節 この時期の體系槪觀 / 103
  • 第八節 前期イオニアの自然哲學。槪觀 / 107
  • 第九節 タレスとヒッポン / 109
  • 第十節 アナクシマンドロス / 118
  • 第十一節 アナクシメネス。ヒメラのイダイオス及ビアボロニアのディオゲネス / 127
  • 附錄 ヒッポクラテスの書と言はれる書『七敎に就いて』
  • 第十二節 エフェソスのヘラクレトスとクラデュロス / 135
  • 第十三節 ピュユタゴラスとピュタゴラス學徒 / 153
  • 第十四節 エレア派。槪觀。アリストナレス僞書『メリッソス、クセノファネス、ゴルギアスに就いて』 / 181
  • 第十五節 クセノファネス / 184
  • 第十六節 パルメニデス / 198
  • 第十七節 エレアのゼノン / 214
  • 第十八節 メリッソス / 218
  • 第十九節 後期自然哲學者逹。槪觀 / 221
  • 第二十節 エンペドクレス / 223
  • 第二十一節 アナクサゴラス、アルケラオス、ランプサコスのメトロドロス / 238
  • 第二十二節 原子論者逹-レウキッポス、デモクリトス、及びデモクリトスの弟子逹 / 253
  • ギリシャ哲學第二期
  • アテナイの哲學
  • 約紀元前五世紀の半ばから紀元前四世紀の終りまで
  • 第二十三節 この期の哲學。槪觀 / 270
  • 第二十四節 ソフィスト派一般 / 272
  • 第二十五節 プロタゴラス / 277
  • 第二十六節 ゴルギアス / 289
  • 第二十七節 ヒッピアス / 296
  • 第二十八節 プロ一ディコス / 298
  • 第二十九節 アノニュムス・ヤンブリキ『二種の言葉』 / 302
  • 第三十節 後期のソフィスト逹 / 306
  • 第三十一節 ソクラテス / 313
  • 第三十二節 ソクラテスの徒一般クセノフォン、アイスキネス等々 / 359
  • 第三十三節 メガラ學派 / 372
  • 第三十四節 エリスーエレトリア派。エリスのファイドン、メネデモス及びアスクレピアデス / 377
  • 第三十五節 前期キュニコス學派(キュニコス主義第一部) / 380
  • 第三十六節 キュレネ學派エウエメロス / 407

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ユーベルヴェーク大哲学史
著作者等 Ueberweg, Friedrich
書名ヨミ ユーベルヴェーク ダイ テツガクシ
巻冊次 第1篇
出版元 春秋社
刊行年月 昭和7-10
ページ数 4冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
47032884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想