基督教名著集  第2

ルゥドルフ・オットー著 ; 山谷省吾訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 合理的と非合理的 / 1
  • 第二章 ヌミノーゼ / 7
  • 第三章 ヌミノーゼの諸要素 / 12
  • (甲) 『被造物感』─自己感情內に於けるヌミノーゼの反映 / 12
  • 第四章(乙) 『戰慄すべき秘義』 / 19
  • (一)
  • 〔第一〕 『戰慄すべき』なる要素 / 21
  • 〔第二〕 『尊嚴なるもの』なる要素 / 32
  • 〔第三〕 『勢力あるもの』なる要素 / 40
  • (二)
  • 第五章〔第四〕 『秘義』の要素、─『全く他のもの』、驚異、背理、二律背反 / 44
  • 第六章 ヌウメン的讃歌 / 58
  • 第七章(丙)〔第五〕 魅するもの / 65
  • 第八章 氣味惡きもの / 85
  • 第九章 類推 / 91
  • 感情聯合の法則 / 93
  • 圖式化 / 98
  • 第十章(丁)〔第六〕 ヌウメン的價値としての神聖 / 106
  • 崇高なるもの / 106
  • ヌウメン的非價値としての罪惡、蔽罪贖罪 / 111
  • 第十一章 非合理的とは何ぞや / 121
  • 第十二章 ヌミノーゼの表出手段 / 127
  • 一 直接手段 / 127
  • 二 間接手段 / 130
  • 三 藝術に於けるヌミノーゼの表出手段 / 137
  • 第十三章 舊約聖書に於けるヌミノーゼ / 149
  • 第十四章 新約聖書に於けるヌミノーゼ / 168
  • 第十五章 ルッターに於けるヌミノーゼ / 191
  • 第十六章 發展の二方面 / 222
  • 第十七章 アプリオリな範疇としての聖なるもの、第一部 / 227
  • 第十八章 その歷史的發現 / 236
  • 第十九章 『生素なる』狀態 / 263
  • 第二十章 アプリオリな範疇としての聖なるもの、第二部 / 271
  • 第二十一章 『聖なるものゝ出現』 / 283
  • 感得の能力 / 285
  • 第二十二章 原始基督敎に於ける感得 / 304
  • 第二十三章 現代の基督敎に於ける感得 / 315
  • 第二十四章 宗敎的アプリオリと歷史 / 336
  • 附屬論文
  • 一 豫言者の神體驗 / 345
  • 二 隨件せる徵 / 376
  • 三 靈的經驗として復活の體驗 / 384

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 基督教名著集
著作者等 Otto, Rudolf
山谷 省吾
書名ヨミ キリストキョウ メイチョシュウ
書名別名 聖なるもの
巻冊次 第2
出版元 イデア書院
刊行年月 昭和2
ページ数 403p
大きさ 23cm
NCID BN15067907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47029325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
聖なるもの ルゥドルフ・オットー, 山谷 省吾
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想