お母ちゃんいい人なのに

柳元萩野 著

[目次]

  • 目次
  • 私の名付子、萩野 伊藤五郎
  • お母ちゃん、いい人なのに
  • 母の病気 / 11
  • 母の里 / 15
  • おばあさん / 22
  • 藤屋旅館での生活 / 32
  • 胸をやられて / 35
  • 今度こそは / 41
  • あたたかい春はきたけれど
  • 故里と父 / 45
  • おばあさんの家で / 50
  • 母との別れ / 54
  • 冷たかった学校生活 / 58
  • 父母は帰ってこない / 59
  • 分校生活 / 63
  • あたたかい春はきたけれど / 65
  • いじめられて / 67
  • 父の死と母の帰る日 / 69
  • 私の考え / 72
  • 片目くらい見えなくとも
  • 目をやられた母 / 75
  • 太郎と国子と私だけで / 79
  • 母の手紙 / 83
  • 母の退院 / 87
  • めいせんの着物を着せたい
  • 入院中の私と母 / 90
  • アノラック姿の母 / 93
  • めいせんの着物を着せたい / 97
  • 幸先生、ごめんなさい
  • 幸先生 / 106
  • 入学して / 107
  • 病床生活で / 109
  • 母の病気のとき / 111
  • 吹雪の中で / 112
  • 幸先生、ありがとう / 117
  • 幸先生、ごめんなさい / 117
  • 敬一郎先生 / 124
  • 忘れられない二人の人 / 126
  • おたっつあ / 147
  • みち雄ちゃん、タコちゃん
  • みち雄ちゃんとの思い出 / 160
  • 二輪の菊 / 167
  • 孝子ちゃん / 169
  • とおるちゃん / 173
  • タコちゃん / 176
  • 友達 / 178
  • 友はこず / 182
  • もっと利口な子になろう
  • 花壇作り / 187
  • ある朝の失敗 / 192
  • 苦しいこと辛いことの楽しさ / 196
  • もっと利口な子になろう / 200
  • 元旦に思う / 202
  • 黒部峡谷の映画を観て / 204
  • 十五夜祭りの思い出 / 205
  • ある日の日記から / 211
  • 夢の旅だったら(詩と短歌)
  • ある日の午後 / 234
  • 死んだちょうちょう / 235
  • 花 / 236
  • 星 / 238
  • いちご / 239
  • 夢の旅だったら / 240
  • 別れた友に / 241
  • 勝利君 / 242
  • 和ちゃん / 243
  • タニヨさん / 244
  • 私の願い / 245
  • 短歌 / 247
  • 萩野の父と母 伊藤五郎

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 お母ちゃんいい人なのに
著作者等 柳元 萩野
書名ヨミ オカアチャン イイ ヒト ナノニ
書名別名 Okachan ii hito nanoni
出版元 光和出版社
刊行年月 1959
ページ数 247p 図版
大きさ 18cm
全国書誌番号
59006709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想