Intermediate cities in the resource frontier : a case study of Samarinda and Balikpapan, East Kalimantan, Indonesia

by William Bruce Wood

この本の情報

書名 Intermediate cities in the resource frontier : a case study of Samarinda and Balikpapan, East Kalimantan, Indonesia
著作者等 Wood, William Bruce
出版元 University Microfilms International
刊行年月 1986
ページ数 x, 306 p.
大きさ 22 cm
NCID BA03471925
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想