Die Entstehung des kanonischen Infamiebegriffs von Gratian bis zur glossa ordinaria

von Peter Landau

この本の情報

書名 Die Entstehung des kanonischen Infamiebegriffs von Gratian bis zur glossa ordinaria
著作者等 Landau, Peter
シリーズ名 Forschungen zur kirchlichen Rechtsgeschichte und zum Kirchenrecht
出版元 Böhlau
刊行年月 1966
ページ数 viii, 176 p.
大きさ 24 cm
NCID BA03445754
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ドイツ語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想