日本古典鑑賞講座  第17巻

[目次]

  • 目次
  • 解說 暉峻康隆 / 3
  • 本文鑑賞 暉峻康隆 / 15
  • 好色一代男 / 15
  • けした所が戀のはじめ (卷一・七歲) / 18
  • 形見の水櫛 (卷四・二十九歲) / 24
  • 後は樣つけて呼ぶ (卷五・三十五歲) / 31
  • 人のしらぬわたくし銀 (卷七・五十一歳) / 39
  • 好色二代男 (諸艶大鑑) / 47
  • 死なば諸共の木刀 (卷五の三) / 49
  • 西鶴諸國ばなし / 57
  • 大晦日はあはぬ算用 (卷一の三) / 59
  • 忍び扇の長歌 (卷四の二) / 66
  • 好色五人女 / 73
  • 狀箱は宿に置いて來た男 (卷一の四) / 75
  • 命のうちの七百兩のかね (卷一の五) / 82
  • 好色一代女 / 87
  • 諸禮女祐筆 (卷二の四) / 89
  • 皆思謂の五百羅漢 (卷六の四) / 96
  • 本朝二十不孝 / 104
  • 親子五人仍書置如件 (卷二の四) / 106
  • 武道傳來記 / 115
  • 愁の中の樽肴 (卷七の四) / 117
  • 武家義理物語 / 125
  • 死なば同じ浪枕とや (卷一の五) / 127
  • 日本永代藏 / 134
  • 昔は掛算今は當座銀 (卷一の四) / 136
  • 才覺を笠に着る大黑 (卷二の三) / 143
  • 世はぬき取りの觀音の眼 (卷三の三) / 154
  • 萬の文反古 / 161
  • 世帶の大事は正月仕舞 (卷一の一) / 163
  • 百三十里の所を十匁の無心 (卷一の三) / 170
  • 京にも思ふやうなる事なし (卷二の三) / 176
  • 世間胸算用 / 190
  • 長刀はむかしの鞘 (卷一の二) / 192
  • 門柱も皆かりの世 (卷二の四) / 201
  • 小判は寢姿の夢 (卷三の三) / 208
  • つまりての夜市(卷五の一) / 215
  • 平太郞殿 (卷五の三) / 223
  • 西鶴置土產 / 235
  • あたご颪の袖さむし (卷二の一) / 237
  • 人には棒振蟲同然にいはれ (卷二の二) / 247
  • 西鶴の窓
  • 浮世の月 暉峻康隆 / 259
  • おらんだ西鶴 尾形仂 / 273
  • 西鶴がくだれる姿 中村幸彥 / 283
  • 人間喜劇 森山重雄 / 293
  • 遊女と金 神保五彌 / 306
  • 西鶴の旅 鵜月洋 / 320
  • 現代の眼 暉峻康隆 / 332
  • 西鶴小論 田山花袋 / 339
  • 西鶴町人物雜感 武田麟太郞 / 352
  • 西鶴と科學 寺田寅彥 / 361
  • 參考文獻 堤精二 / 372
  • 西鶴時代の貨幣圖 / 378
  • 西鶴年譜 / 380

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本古典鑑賞講座
書名ヨミ ニホン コテン カンショウ コウザ
書名別名 西鶴
巻冊次 第17巻
出版元 角川書店
刊行年月 1957
ページ数 385p
大きさ 20cm
全国書誌番号
58009483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
西鶴 暉峻康雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想