Finanzgeschichte der Spätantike

Franz Altheim, Ruth Stiehl ; mit Beiträgen von R. Göbl und H.-W. Haussig ; Bildteil von E. Trautmann-Nehring

この本の情報

書名 Finanzgeschichte der Spätantike
著作者等 Göbl, R.
Haussig, H.-W.
Stiehl, Ruth
Trautmann-Nehring, E.
Altheim, Franz
出版元 V. Klostermann
刊行年月 c1957
ページ数 428 p.
大きさ 24 cm
NCID BA01769471
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ドイツ語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想