Bundesverfassungsgericht und Staatsraison : über Grenzen normativer Gebundenheit des Bundesverfassungsgerichtes

von Hans H. Klein

この本の情報

書名 Bundesverfassungsgericht und Staatsraison : über Grenzen normativer Gebundenheit des Bundesverfassungsgerichtes
著作者等 Klein, Hans H.
出版元 Alfred Metzner
刊行年月 1968
ページ数 42, [1] p.
大きさ 21 cm
NCID BA01349217
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ドイツ語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想