A neo-classical theory of economic growth

by J.E. Meade

<p>This work is designed to show the way in which the simplest form of classical economic system would behave during a process of equilibrium growth. An extremely simple classical model of an economic system is examined in such a way as to observe the process of change in the variables over time.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 A neo-classical theory of economic growth
著作者等 Meade, J. E.
Meade J. E.
書名別名 Neoclassical theory of economic growth
出版元 Greenwood Press
刊行年月 1983
版表示 Rev. new ed
ページ数 xiii, 185 p.
大きさ 23 cm
ISBN 0313239657
NCID BA01161891
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想