Warsaw between the World Wars : profile of the capital city in a developing land, 1918-1939

Edward D. Wynot, Jr

A significant contribution to the political, social and economic history of Poland, this volume on the capital city of Warsaw is a pioneer study in urban history as well.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 Warsaw between the World Wars : profile of the capital city in a developing land, 1918-1939
著作者等 Wynot, Edward D.
シリーズ名 East European monographs
出版元 Distributed by Columbia University Press
East European Monographs
刊行年月 1983
ページ数 viii, 375 p.
大きさ 23 cm
ISBN 088033018X
NCID BA01031706
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想