Necessitas, ein Element des mittelalterlichen und neuzeitlichen Rechts : dargestellt am Beispiel österreichischer Rechtsquellen

von Johannes W. Pichler

この本の情報

書名 Necessitas, ein Element des mittelalterlichen und neuzeitlichen Rechts : dargestellt am Beispiel österreichischer Rechtsquellen
著作者等 Pichler, Johannes W.
シリーズ名 Schriften zur Rechtsgeschichte
出版元 Duncker & Humblot
刊行年月 c1983
ページ数 269 p.
大きさ 24 cm
ISBN 3428053028
NCID BA01021961
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 ドイツ語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想