The higher calculus : a history of real and complex analysis from Euler to Weierstrass

Umberto Bottazzini ; translated by Warren Van Egmond

[目次]

  • 1: The Elements of Analysis in the Eighteenth Century.- 2: The Lagrangian Calculus and Fourier Series.- 3: New Trends in Rigor.- 4: Complex Functions and Integration.- 5: The Convergence of Fourier Series.- 6: Riemann's Theory of Functions.- 7: The Arithmetization of Analysis.- Appendix: On the History of "Dirichlet's Principle.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 The higher calculus : a history of real and complex analysis from Euler to Weierstrass
著作者等 Bottazzini, U.
Van Egmond, Warren
Bottazzini Umberto
書名別名 Il calcolo sublime : storia dell'analisi matematica da Euler a Weierstrass
出版元 Springer-Verlag
刊行年月 c1986
ページ数 332 p.
大きさ 25 cm
ISBN 3540963022
0387963022
NCID BA0021984X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
原文言語 イタリア語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想