Cantorian set theory and limitation of size

Michael Hallett

Cantor's ideas formed the basis for set theory and also for the mathematical treatment of the concept of infinity. The philosophical and heuristic framework he developed had a lasting effect on modern mathematics, and is the recurrent theme of this volume. Hallett explores Cantor's ideas and, in particular, their ramifications for Zermelo-Frankel set theory.

「Nielsen BookData」より

この本の情報

書名 Cantorian set theory and limitation of size
著作者等 Hallett, Michael
シリーズ名 Oxford logic guides
出版元 Clarendon Press
刊行年月 1984
ページ数 xxii, 343 p.
大きさ 25 cm
ISBN 0198532830
0198531796
NCID BA00017834
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 イギリス
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想