暴力の時代と倫理

唯物論研究協会【編】

戦争だけではない。学校、家庭…高まる暴力の水位。脱却の道とは-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 暴力の時代と倫理(暴力の時代と倫理-特集にあたって
  • 暴力国家 ほか)
  • 思想のフロンティア(「自己決定」と性、生殖-生命と性の貶めに抗して)
  • レヴュー・エッセイ(道徳はすべての人のために、だかこの私はこの私でしかなく-『理由と人格』を読む
  • 日本における生命倫理学の動向-その役割と課題 ほか)
  • 研究論文(フォーク・サイコロジーは心の唯物論に何をもたらすか-アンディ・クラークの所説の批判的検討
  • ヘーゲル『精神現象学』におけるアザーリング問題と教育実践 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暴力の時代と倫理
著作者等 唯物論研究協会
書名ヨミ ボウリョクノジダイトリンリ
シリーズ名 唯物論研究年誌 第4号
出版元 青木書店
刊行年月 1999.11.26
ページ数 357p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 425099046X
NCID BA44342162
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想