国境を越える労働社会

日本労働社会学会編集委員会【編】

前年年次大会におけるシンポジウムの記録に加えて、「学会10年の軌跡」として、研究会時代からの今日までの記録を特集とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集1 国境を越える労働社会(「ポスト新国際分業」とジャパナイゼーション-国際分業の転換と労使関係のグローバルな編成
  • 管理体制の維持、変貌および普及-「日本型」管理体制をめぐる論争に関する一考察
  • 日本で仕事をする意味-在日ブラジル人のデカセギ
  • 日本企業の雇用政策や労働法の規制緩和がアジアの女子労働者に及ぼす影響)
  • 特集2 日本労働社会学会の10年
  • 研究ノート・「ユニオン・ポリティクス」と協調的企業別組合
  • シリーズ・戦後労働調査を語る:第7回・トヨタ、富士フィルム、鹿島
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境を越える労働社会
著作者等 日本労働社会学会
日本労働社会学会編集委員会
書名ヨミ コッキョウヲコエルロウドウシャカイ
シリーズ名 日本労働社会学会年報 第10号
出版元 日本労働社会学会
東信堂
刊行年月 1999.10.30
ページ数 300p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4887133456
ISSN 09197990
NCID BA44648297
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想