知的資源としての戦後法哲学

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 序論 戦後日本の法哲学-その一断面
  • 第1部 戦後法哲学の検討と再編(近代化と天皇制
  • リベラル・デモクラシー)
  • 第2部 戦後法哲学の継承と展開
  • 特別寄稿 加藤新平先生のご逝去を悼む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知的資源としての戦後法哲学
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ チテキシゲントシテノセンゴホウテツガク
シリーズ名 法哲学年報 1998
出版元 有斐閣
刊行年月 1999.10.30
ページ数 208p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4641027471
ISSN 03872890
NCID BA43995025
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想