日航機はなぜ落ちたか : 墜落の背景  下

山本 善明【著】

人間と、人間が作る組織の危うさをえぐる。羽田事故、そして御巣鷹山事故…。悲惨な事故が残した教訓を「無」にしないために、元事故処理担当者の「安全」への痛憤の叫び。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4章 責任の所在はどこに…(機長はどこにいるんだ
  • 重苦しい会議の始まり
  • 「何から何までおかしいじゃないか」 ほか)
  • 第5章 乗員健康管理体制の再構築(航空身体検査証明制度の「改革」?
  • 医学には全く門外漢だったが…
  • 「日本航空は冷たい会社だ」 ほか)
  • 第6章 安全意識の崩壊(新入社員に生じた問題
  • 安全問題を軽んじる「経営判断」とは?
  • 安全問題か、労務問題か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日航機はなぜ落ちたか : 墜落の背景
著作者等 山本 善明
書名ヨミ ニッコウキハナゼオチタカ : ツイラクノハイケイ : ゲ
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1999.11.4
ページ数 276p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4062099195
NCID BA44016679
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想