リトル・トリー

カーター フォレスト【著】<Carter Forrest>

父が死に、母も死に、ぼくは5歳のとき祖父母と暮らすようになった。背が抜きんでて高い祖父は、チェロキー族の血が半分まじり、祖母はまったくのチェロキーだった。バスを降り、3人で黒々とした山ふところに入っていった。小川にかけられた丸木橋を渡ると、山を背にして、丸太小屋がかかっていた。そこが、ぼくたちの家だった。祖母は、やさしく歌い出した。「…リトル・トリーはひとりぼっちじゃない…」それは、山のきょうだいたちの、ぼくを歓迎する歌だった。ぼくには「リトル・トリー」という名がついていた。翌朝から、「リトル・トリー」は、母なる大地と、チェロキーのおきてを学んでいく。本当の愛、勇気、誇りとは何か、を読者に問いかけてやまない、心打たれる名著。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リトル・トリー
著作者等 Carter, Forrest
カーター フォレスト
書名ヨミ リトルトリー
シリーズ名 講談社ルビー・ブックス
出版元 講談社インターナショナル
刊行年月 1999.10.22
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 4770025513
NCID BA44348362
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想